« 金杯の勝敗を分けたのは… | トップページ | 三浦騎手の成長を感じました »

2013年1月13日 (日)

1月19・20日の注目馬情報

僕が参加しているWORLD競馬webから、来週出走の注目馬です。今週、勝った人も負けた人も頭をリフレッシュして、次の競馬を楽しみに待ちましょう。

注目ランクB
菊川 厩舎
シーブリーズライフ
※中山5-6R・3歳500万下・芝1200mに出走予定
新馬勝ちしてオープンでイキナリ2着、その時点で『これまでにない逸材が出た!』とマイナー厩舎は大いに盛り上がった。東京での2戦は出遅れや、相手強化で結果を出せなかったが、1200mへの距離短縮となった前走が勝ち馬と僅差の3着と、短距離適性の高さと存在感をアピールする好内容。少しレース間隔が開いたものの、12月中旬から順調に乗り込んで仕上がりは良好との事。高望みはせず、自己条件のココでキッチリ勝ちたいとの思いで平場戦に登場となる。
注目ランクB
加藤和 厩舎
ブラウンワールド
※中山4-3R・3歳未勝利牝・ダ1200mに出走予定
待望のダート戦出走で、「ブッちぎる」という話もあった前走が4着。案外な結果に映るのだが、鞍上に言わせれば「先々を考えて控える競馬を試しました。収穫がありました」とのこと。「凄くイイ馬。すぐに勝てます」とも語っており、ここダート2戦目で真価発揮の公算は強い。行かせれば行き切れるだけのスピードはある。先手にこだわるようなら、文字通りのブッちぎりがあるかもしれない。
注目ランクB
堀 厩舎
プレミアムテースト
※中山5-12R・3歳上500万下・芝2200mに出走予定
前走もそうだったが、右回りだとどうしても内にモタれる面がある。その意味で東京向きであることは確かだが、そんな状況ながら差を詰めた前走の脚に光るモノは感じた。今回はベリーを起用してくるとのことで、新味が期待できるという面もある。能力は500万にいる馬ではなく、改めて注目が必要になりそうだ。

|

« 金杯の勝敗を分けたのは… | トップページ | 三浦騎手の成長を感じました »

次週注目馬速報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/48680526

この記事へのトラックバック一覧です: 1月19・20日の注目馬情報:

« 金杯の勝敗を分けたのは… | トップページ | 三浦騎手の成長を感じました »