« 三浦騎手の成長を感じました | トップページ | 新ルールが抱える難題を見たAJCC »

2013年1月20日 (日)

1月26・27日の注目馬情報

僕が参加しているWORLD競馬webから、来週出走の注目馬です。今週、勝った人も負けた人も頭をリフレッシュして、次の競馬を楽しみに待ちましょう。
注目ランクMM
松山康 厩舎
シャラントレディ
※東京1-12R・4歳上1000万下牝・ダ1400mに出走予定
タマブラックホールから的中をお届けした前走、5ヶ月ぶりで20キロ増の馬体ながらも粘り強さを見せて少差の4着と健闘。「成長分を差し引いても余裕があったわりには頑張っていました。乗り役さんも『次回は更に良くなりそう』と言ってくれました。調教の動きに素軽さが出て、反動なく順調に良化しています。1400mへの距離延長はプラスとは言えませんが、守備範囲だし、牝馬限定戦なら上位争いでしょう」と、叩き2戦目で大きく前進を期待の陣営。
注目ランクB
武田 厩舎
メイショウアシタバ
※京都2-1R・3歳未勝利牝・ダ1200mに出走予定
絶好の手応えで好位を追走しながら、直線に入って前が壁。捌き切れずに追い出しが大きく遅れてしまった前走。西のブレーンの報告によれば、調教師も「Jは下手に乗った。普通なら勝っていた」とレース後に話していたとのこと。武田は、普段あまり乗り役の騎乗に苦言を呈することがない男。よほど悔しかったのだろう。それだけに、今度こそ負けられないところ。渾身の仕上げと騎乗で初勝利を掴むことだろう。
注目ランクB
加藤征 厩舎
ムーンリットレイク
※東京1-11R・白富士S・芝2000mに出走予定
重賞級のポテンシャルを秘めながら、体質の弱さがネックとなって使い込めない現状。期待している関係者も歯痒い思いをしていることだろうが、ここ待望の復帰戦には注目が必要。12月下旬に帰厩してからは折り合いに重点を置いて調整されているようだが、「力を出せる仕上がりには持っていきます」とのこと。長欠明けのオープン緒戦、条件は楽ではないが、どんな走りを見せるか楽しみだ。

|

« 三浦騎手の成長を感じました | トップページ | 新ルールが抱える難題を見たAJCC »

次週注目馬速報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/48852242

この記事へのトラックバック一覧です: 1月26・27日の注目馬情報:

« 三浦騎手の成長を感じました | トップページ | 新ルールが抱える難題を見たAJCC »