« 辛い時期を耐えたからこそ… | トップページ | 次週注目馬速報 »

2012年12月12日 (水)

枠とコース取りの妙

先週は2歳牝馬の頂点を決めるGⅠレース、阪神ジュベナイルフィリーズが行われました。
優勝は5番人気ローブティサージュ。管理する須貝厩舎にとって、今年の皐月賞・菊花賞を制したゴールドシップに続くGⅠ馬の誕生となりました。この阪神JFで1番人気に推されたコレクターアイテムも所属し、本当に先が楽しみな厩舎です。
ローブティサージュの勝因は、ずばり枠順でしょう。
1枠1番に入ったローブティサージュは好スタートから一旦控え、中団を追走。内枠のメリットはコースをロス無く走れること、それに逃げ馬でない限り自然と前に壁ができるため、馬が脚を溜めやすくなることが挙げられますが、鞍上の秋山騎手はまさにその利点を活かした騎乗をしましたね。スムーズなレース運びで、直線に向くまでに脚を十分にためられたことがラスト1ハロンの伸びにつながりました。
内枠のデメリットとして、もまれやすくなり自分の競馬ができずに終わるおそれがありますが、これは騎手が上手にスペースを作ることにより回避できます。実際、直線を向いたときに馬群がバラけて空いたところを秋山騎手はすかさず突いてきました。騎乗姿勢の美しさといい、優れた感性や技術の高さといい、勝利を心から祝福したくなる騎手です。
1番人気馬のコレクターアイテムは、ローブティサージュとは正反対に終始もまれるレースを強いられ、走る姿がとても窮屈そうに見えました。
道中は勝ち馬と同じ位置で進めていましたが、3~4コーナーから鞍上の浜中騎手が外へ持ち出していき、直線では大外から伸びてきたものの4着どまり。とはいえ、最後はさすがと感心するほどの脚を見せてくれました。
もう一度レースを観ていただくとわかりますが、ローブティサージュとコレクターアイテムは、道中同じようなポジションにいながら、それぞれのコース取りによって、直線入り口の時点でかなり離れてしまいました。スルスルと抜けてゆくローブティサージュと、苦労して大外から追い込んでくるコレクターアイテムの対比から(荒れた馬場での内枠など不利を考えなくて済む)、良い馬場状態であるならば、いかにロスの無い騎乗をするかが重要。そうしなければ勝てないということを、あらためて感じるレースでした。
2着には15番人気馬クロフネサプライズが入りました。終始2番手を進み、直線では1回先頭に立ち、見どころは十分すぎるほどでした。これまで主に1200m戦に出走していましたが、初めての1600mでこれだけ粘りを見せてくれるのだから大したもの。今後もこのようなレースができるのであれば来年の春も注目しなければなりません。
3着も人気薄、10番人気レッドセシリア。後方で脚をため、直線で空いていた内へ一気に入って1、2着馬とクビ・クビ差まで詰め寄りました。この三浦騎手の判断が良い。上手く乗りましたね。キャリア1戦でこのレース内容ならば次走も期待できます。

|

« 辛い時期を耐えたからこそ… | トップページ | 次週注目馬速報 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/48347637

この記事へのトラックバック一覧です: 枠とコース取りの妙:

« 辛い時期を耐えたからこそ… | トップページ | 次週注目馬速報 »