« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月28日 (水)

ジャパンカップの回顧

先週日曜日は第32回ジャパンカップが行われました。三連休最終日で快晴に恵まれた当日は、昨年を上回る11万人もの観衆が東京競馬場へ足を運んでくれました。やはり、三冠馬オルフェーヴルや三冠牝馬ジェンティルドンナ、他にも凱旋門賞馬や秋の天皇賞馬など、今をときめくスターホースの姿を見たい人が多かったということでしょう。
僕はこのレース、オルフェーヴルとジェンティルドンナの一騎打ちになりそうだなと感じていました。ジェンティルドンナは古馬や牡馬と対等に渡り合えるかどうかが唯一の不安材料でしたが、エリザベス女王杯ではなくジャパンカップに出走を決めた陣営の姿勢には、馬の状態に対する自信がはっきりと表れていました。
そして、レースは予想通り、直線残り200mから2頭の叩き合い。ピタリと馬体を併せ、必死に走る姿は実に見応えがありましたね。
結果、三冠対決はジェンティルドンナが制し、3歳牝馬として初の優勝を飾りました。
ジェンティルドンナの勝因は、17頭中15番枠でありながら1コーナーを回るときにはもう3番手、それも内ラチ沿いについていたことです。これは上手い乗り方です。
出走メンバーを見渡しても、速いペースで引っ張ってくれそうな逃げ馬がいないために、当然、騎手は皆、レースは平均よりややスローになると考えていたはず。さらに2開催続いた府中の馬場が例年より荒れておらず、意外と内が伸びる状態になっていたこと。
ジェンティルドンナの鞍上・岩田騎手は、これらをふまえて決めた乗り方として、スタート直後から馬を出していき、前目のポジションを取ったのでしょう。この時点で、勝ち負けはともかく、強い馬がそのレースにおいて絶好の位置にいるのだから、かなり見応えのある競馬をしてくれると確信していました。
そして問題となった直線のシーン。
直線に向いたとき、自分の進路には逃げたビートブラック。いずれ前が詰まることはわかっていて、さらに横には1番人気オルフェーヴルが並んで仕掛けるところで、このままでは挟まれてしまい失速してしまいます。ここで岩田騎手は、横のオルフェーヴルに馬体を当てて進路を確保しました。この行為は審議になり、結果的に岩田騎手は2日間の騎乗停止となりました。
確かに、ぶつけられてオルフェーヴルがバランスを崩したことで、脚の手前が替わってしまい失速したように見え、岩田騎手の騎乗は少々乱暴な印象を受けましたが、あのくらいのプレーは他のレースでも珍しくはないし、プロとしては、勝つために多少強引な騎乗が必要なときもあります。
オルフェーヴルが外に圧されながら走っているとき、オルフェーヴルの方がまだアタマほど先を走っていました。これがもし逆で、ジェンティルドンナの方が先に出ているのなら、肩から外にこじ開けることが容易にできますが、実際は閉める方(オルフェーヴル)が前の位置にいるわけですから、ガッチリ閉めてしまえば外に出したいと思っても難しくなり、その馬にかなり力がないとなかなか成功しません。池添騎手の閉め方が少し甘かったことが残念に思います。絶対にジェンティルドンナを出さないという意志よりも、自分の馬を追って勝つことに意識がいってしまったせいで中途半端な閉め方になってしまったように見えました。
他馬や展開に関係なく、地力で差す圧倒的なレースができるときもあれば、相手となる強い馬に自分の競馬をさせずに、頭と技を駆使し自分の騎乗馬を勝たせるレースも数多くあります。どの時にどんな競馬をするか、騎手は瞬時に判断し実行しなければいけません。
ハナ差の決着となりましたが、何が何でも勝つという岩田騎手の気迫が、その差の分だけ池添騎手を上回っていたように思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月25日 (日)

次週注目馬速報

僕が参加しているWORLD競馬webから、来週出走の注目馬です。今週、勝った人も負けた人も頭をリフレッシュして、次の競馬を楽しみに待ちましょう。

注目ランクB
二ノ宮 厩舎
モンテエベレスト
※中山2-3R・2歳未勝利・芝2000mに出走予定
『大型馬で使いつつ』という話だった前走。それもあってか、この厩舎の新馬にしては珍しく4番人気と低評価だったが、出遅れに加えて道中で接触する不利がありながら、最後の直線で外に出すとグイグイと伸びて見どころ十分の3着。やはり力がある。一度使ったこの中間の良化は著しく、陣営のトーンも上がっているとのこと。「器用さがないので中山がどうかとは思いますが、2000mあれば大丈夫そうです。今度は良いですよ」との事。今度は勝ち負けの期待が掛かる。
注目ランクB
松山康 厩舎
サウンドオブハート
※中山2-11R・ターコイズS・芝1600mに出走予定
お馴染み、新馬戦から「まず負けない」という超が付く強気な話をお届けした馬。残念ながらクラシック制覇はならなかったが、素質のあるところは見せており、ここ待望の復帰戦。厩舎サイドも「イキナリから」と期待を寄せている。ポテンシャルは相当高く、上手く行けば牝馬重賞を狙える逸材。まずは緒戦を飾りたいところだろう。
注目ランクB
橋田 厩舎
ランリョウオー
※阪神2-10R・逆瀬川S・芝1800m外に出走予定
「今までで初めてといっていいくらい放牧から帰ってきて状態がイイんです」とは西からの報告。冬毛が出ているため、見た目は良くないのだが、「これで周りがうわーと思ってくれればしめたもの」と担当は話していたそうだ。帰厩してすぐ時計が出せたように、ノーザンFでしっかり調教を積んできた様子。鞍上にムーアを配してイキナリからの態勢だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月21日 (水)

マイルCSの回顧

先週は京都競馬場で第29回マイルチャンピオンシップが行われました。
1番人気はグランプリボス。マイルのGⅠレース(朝日杯FS、NHKマイルC)を2勝している実績に加え、前哨戦・スワンSの勝ちっぷりの良さが人気を後押ししたようです。
今年の安田記念を制した2番人気のストロングリターンとともに、GⅠを勝った能力を評価された形ですが、マイル路線は現在、絶対的王者と言えるほどの馬は不在で、この2頭以外のどの馬にもチャンスがある、そんな混戦ムード漂うレースでした。 そんな今年のマイルCSを制したのは、4番人気サダムパテック
当日の京都競馬場は、前日からの雨により馬場はやや重発表で、午前中のレースでも内側を通る馬は伸びきれず、外から差してくる馬に有利な傾向となっていました。サダムパテックは、通常のレースなら絶好の1番枠を引きましたが、今回のような馬場の場合、内枠であってもロスを覚悟で外を回す騎乗をしてもおかしくありません。
しかし、武豊騎手は普段のレースと同じ、好位の内を進んでゆく乗り方。1番枠を引いた時から、この騎乗でいこうと決めていたとのことで、確かに通常ならお手本のような上手いコース取りですが、伸びないとわかっている内を通ることで凡走するかもしれない…騎手としては賭けですね。リスクを覚悟し、あえて内を走らせ、結果的に馬の力を出し切って勝利を飾ったその騎乗は見事でした。もちろん馬場が回復しつつあったことや、馬の伸び脚など、いろいろな要素を検討して最終的に“行ける”と思ったのでしょうが、それも、彼の長年の経験や感性の鋭さゆえにできる判断です。
勝利騎手インタビューの第一声が「お久しぶりです」でしたが、武豊騎手はじつに2年ぶりの中央G1レース勝利。世代交代は避けられないこととはいえ、やはり彼が勝つのは僕も嬉しいし、競馬場にいるファンの歓声もひときわ大きいように感じます。中央G1レース完全制覇、この前人未到の記録を打ち立てるのは彼以外に考えられません。
ぜひ達成していただきたいものです。
2着に敗れた1番人気グランプリボスは、勝ったサダムパテックと同じような位置取りでしたが、直線で進路が窮屈になり、一度ブレーキをかけてしまったことが敗因でしょう。審議のランプがついたものの到達順位のとおり確定。GⅠレースを勝てる力がありながら、勝ちきれないのは運がないとしか言えませんが、これから先のマイル重賞戦線の中心となる活躍が期待される馬です。
このマイルCSは、戦前に予想していた展開とは違いました。
逃げたのはいつもどおりシルポート、ここまではよいのですが、僕はシルポートが逃げる以上、ペースは速くなると考えていました。ところが今回はこれまでの軽快な逃げとは違う「タメ逃げ」。マイルのGⅠレースで前半3Fが35秒というのは遅すぎます。それにより直線の瞬発力勝負に持ち込まれ、ある程度前の方にいる馬たちの争いとなりました。
なぜこのような流れになったのか、それは鞍上が小牧騎手から川田騎手に替わったため。
小牧騎手であれば気分良く速い流れで2番手以下を引き離して逃げる展開になっていたと思いますが、川田騎手は同じ逃げでも溜めるだけ溜めての逃げでした。まるで別馬のようなレースぶり、鞍上が替わることによって、こうも流れが変わってしまうのかと思いました。
調教師の指示によるものか、それとも騎乗が決まってから川田騎手が、どう乗るか、どうしたら勝てるかを悩み考えて出した結論なのかはわかりませんが、シルポートの新たな魅力が出せた良い騎乗でした。こういう幅のある競馬ができることがわかったことで、今後、どこかで勝つチャンスが広がった気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次週注目馬速報

僕が参加しているWORLD競馬webから、来週出走の注目馬です。今週、勝った人も負けた人も頭をリフレッシュして、次の競馬を楽しみに待ちましょう。

インディーズゲーム

宗像 厩舎(注目ランクB)

放牧明けで2ヶ月ぶりの競馬。帰厩してからの日が浅く本数も少ないが、1週前の追い切りで抜群の気配と動きを見せている。久々でも動けるタイプであり、当週にもう1本できることを考えれば、キッチリ仕上がると見ていいだろう。何より、現級では力上位。東京の1400mとベストの条件で「出たトコで決める」と、コレは厩舎も力が入っている。

(東京7-12R・3歳上1000万下・ダ1400mに出走予定)

エピファネイア

角居 厩舎(注目ランクB)

母シーザリオという良血馬。デビュー戦からその走りを楽しみにしていた関係者は多かったそうだが、その期待を遥かに上回る勝ちっぷり。調教の過程で目立たずとも、実戦でシッカリ変わるあたりが素質の為せるワザということだろう。クラシックを堂々と狙える逸材であることは明らか。2戦目、どんな走りを見せるか注目だ。

(京都7-9R・京都2歳S・芝2000m内に出走予定)

コスモシャンハイ

尾関 厩舎(注目ランクMM)

プラス20キロの馬体増が示すとおり、休み明けの前走はいかにも太め残り。先行して失速に終わったが、これは敗因明白と見ていいだろう。その前走時から「叩いた上積みはかなりあるはず」と聞いており、ここ叩き2戦目は前進あって後退なしといったムード。未勝利勝ちの内容から、ここでも通用の下地はある。ガラリ一変に期待。

(東京7-8R・3歳上500万下・ダ1600mに出走予定)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月14日 (水)

エリザベス女王杯の回顧

先週は京都競馬場で第37回エリザベス女王杯が行われました。
朝から雨天の日曜日。午前中はまだ良かった馬場も、降り止まない雨により午後のレースが始まる頃は稍重に、そしてエリザベス女王杯の発走時刻には重の発表となっていました。
技術が向上し、昔とは比べ物にならないほど馬場が良くなった現在はスピード競馬が主流ですが、あれだけ雨が降り続いて緩んだ馬場で幾つもレースを重ねていれば、さすがにスタミナ勝負になります。
騎手はいかに馬の体力を消耗させることなく騎乗するか。また、その馬自身が、このような馬場を得意とするか不得意とするかも明暗を分ける大きなポイントでしょう。

優勝したのは7番人気レインボーダリア
単勝1.9倍、断然1番人気のヴィルシーナをクビ差おさえての勝利、初重賞勝利が初GⅠ制覇となりました。昨年のエリザベス女王杯でも17番人気ながら5 着に好走しており、これまでに27戦して掲示板を外したことはたったの3度。安定感のある走りから地力の高さがうかがえます。こういうタイプの馬は、もし も今回は勝てなくとも、いずれどこかで重賞を1つ2つ勝っていたのではないでしょうか。
鞍上の柴田善騎手は「リズムを崩さなければ(この馬場になったことも幸いして)チャンスはあると思っていた」と後に語っていた通りの騎乗をしました。レー スが淡々と流れてゆく中をエリンコートが一気に動き、それを機に流れが速くなりましたが、彼は慌てたり無理に追いかけたりすることなく、自分のペースを保 つことを最優先し大事に乗っていました。これが勝因でしょう。このとき、流れに乗り後を追ってしまったとしたら、ヴィルシーナに勝つことはなかったと思い ます。
柴田善騎手は馬の上では常に冷静で、快勝しても惜敗してもあまり感情を表に出さないタイプですが、今回はゴール板を1着で駆け抜けた瞬間、小さくガッツポーズをし、珍しく喜びを表していました。レース前に描いていたとおりに騎乗できた、そして勝てた。
「してやったり」そんな言葉が浮かんでくる巧い騎乗、じつに鮮やかな勝利でした。

またまた2着のヴィルシーナは、何とも不運としか言いようがありません。
三冠全て2着の上、宿敵ジェンティルドンナが不在の今回も勝てず。今回のような馬場は、ヴィルシーナに向いていないとは思いませんが、普段であれば持った まま直線に向かえる馬が、4コーナー手前から騎手の手が動き出すほどで、ここまで悪い馬場は経験したことがないために予想以上にスタミナを奪われたのかも しれません。
それでもまだ若い3歳牝馬が、古馬との初対戦であれだけの走りをするのですから、やはり力はかなりのもの。良馬場で行われていたら勝っていたでしょうね。
鞍上の内田騎手は苦しかったと思いますよ。春は桜花賞とオークスで自分より上位の人気馬が、秋に入ってもジェンティルドンナという強い相手がいたため、そ れらを負かすための乗り方を考えれば良かったのが、今回は大きな舞台で初めての1番人気を背負ったことで、厳しくマークされる立場になりました。プレッ シャーに弱い騎手ではありませんが、今までとは違う競馬になり、乗り辛かったことでしょう。展開や流れひとつで結果が変わる競馬で、1番人気馬を確実に勝 たせる難しさをあらためて感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月11日 (日)

次週注目馬速報

僕が参加しているWORLD競馬webから、来週出走の注目馬です。今週、勝った人も負けた人も頭をリフレッシュして、次の競馬を楽しみに待ちましょう。

ロードガルーダ

池江寿 厩舎(注目ランクB)

本社情報にて本命公開から的中馬券をお届けした前走が衝撃的な内容。出遅れから道中は後方、やや無理す時にも見えたマクりから、アッサリ突き抜けてみせた。あの走りは並のポテンシャルでできる芸当ではない。中1週で使えるように、今は体調もすこぶるイイとのこと。鞍上にスミヨンを迎え、連勝に挑む。
(京都5-12R・3歳上1000万下・芝1400m外に出走予定)

タイセイグルーヴィ

池上 厩舎(注目ランクB)

折り合ってスムーズに追走できた前走だったが、直線で前が詰まり追いづらくなってしまい2着惜敗。「まだうるさいところがありますが、春よりは馬に実が入って来てシッカリして来ました。ユッタリと行ける距離はあっているし、ソロソロ順番でしょう」と蛯名騎手。このクラスになると、2000m以上を越える距離の番組は少ない。その意味でも、今度こそ決めたいところ。
(東京6-10R・晩秋特別・芝2400mに出走予定)

ハヴアグッドデイ

加藤征 厩舎(注目ランクMM)

半兄にダートでオープンまで出世したシルクビッグタイム。11/10(土)にデビューするという話もあったが、1週延ばすことになった。入厩当時の『出たトコ』との話から、調教を積んで行くうちに『奥がありそうなタイプ』と評価が変わったものの、期待馬には違いなく、初戦から注目の1頭となりそうだ。
(東京6-6R・2歳新馬・ダ1400mに出走予定)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 7日 (水)

アルゼンチン共和国杯のレース回顧

年末の有馬記念まで毎週のように行われるGⅠレースも、先週はお休み。GⅠレースがないと寂しく感じる方はいるでしょうが、GⅠシーズンで盛り上がっている気持ちが、その分だけ各競馬場の重賞レースに注がれるので、騎乗する騎手にとっては張り合いがあります。
しかも先週の東京競馬メイン、GⅡアルゼンチン共和国杯は、関係者には意外と重要なレースでもあります。これといったGⅠのステップレースではありません が、2008年同レース勝ち馬の
スクリーンヒーローは次走のジャパンカップを制し、2009年トーセンジョーダンは翌年秋の天皇賞優勝、GⅠの常連馬とし て現在も頑張っています。また、昨年優勝したトレイルブレイザーは、つい先日サンタアニタ競馬場で行われたブリーダーズカップターフに出走し、4着とはい え4コーナーから果敢に攻めてゆく見せ場十分の走りを見せました。
このようにアルゼンチン共和国杯の優勝馬は、その後は大レースで活躍しています。今後につながる、また、つなげてゆくために大きな意味を持つレースなのです。

さて今年のアルゼンチン杯は、横山典騎手鞍上のルルーシュが優勝。
前走は少し重め(プラス10キロ)で、直線動けませんでしたが、今回はスッキリと身体を絞ってマイナス16キロと、勝負気配が感じられました。
横山典騎手はスタート後すぐさま好位を取りにいき、その分、少しだけ折り合いに苦労しそうでしたが、間もなく落ち着き、長距離レースにしては速い流れの 2、3番手を追走しました。直線に入り残り500mから一気に加速、先頭に出ると、そのまま後続馬を寄せつけずゴール。馬格や毛色もそうですが、何より大 敗のない抜群の安定感を誇る好成績は、父ゼンノロブロイを思い出しますね。
今回のアルゼンチン共和国杯で最も印象に残るのは、横山典騎手の強気な騎乗ぶりです。
レースが長距離になるほど、騎手は折り合い・ペース・スタミナを強く意識し、あまり前半から攻める騎乗はしません。しかし横山典騎手は、「何が何でもルルーシュを勝たせる」という思いがあふれているような、馬の力の違いを見せる超強気なレース運びをしました。
彼がこういう騎乗をするのはとても珍しいと思います。
実際、馬の能力が高くなければ速いペースの中でこんな騎乗はできないし、まして勝つのは非常に難しいもの。それだけ彼には確信があったということです。 日々の調教でどんどん良くなるルルーシュに、日増しに自信を深めていたのでしょう。それも長年多くの名馬に跨り技術と感性を磨いてきた彼ならではの感覚。 こういう一流騎手の騎乗は、見ていて本当に楽しい。次走はジャパンカップでしょうか?状態によりますが、このコンビには期待せざるを得ません。

2着は内田騎手騎乗のムスカテール
2走前の新潟記念では52キロの軽ハンデとはいえ格上挑戦の11番人気で掲示板に載る好走、前走のオクトーバーSは2馬身半をつけての圧勝と、最近の成長 ぶりが注目されていました。道中は中団で脚をためて進め、最後は勝ち馬には届かなかったものの鋭く伸びて2着。内田騎手も思った通りのレース運びが出来て いたのではないかと思います。この馬はこれからさらに本格化し、強さを見せてくれそうな気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 4日 (日)

次週注目馬速報

僕が参加しているWORLD競馬webから、来週出走の注目馬です。今週、勝った人も負けた人も頭をリフレッシュして、次の競馬を楽しみに待ちましょう。

ケイアイエイト
松山康 厩舎 (注目ランクB)
ココ2週、ジョッキー騎乗とはいえ新馬離れした動きを披露しているこの馬。松岡、勝浦といった関わりのあるジョッキーはもちろん、助手連中まで乗った人間が口を揃えてその素質を絶賛する大器である。捌きや血統からダートの短距離はピッタリの舞台設定。関係者の一部からは「ブッちぎる」という話も出ているようだ。
(東京3-5R・2歳新馬・ダ1400mに出走予定)

ブリッツェン
二ノ宮 厩舎 (注目ランクMM)
東京新聞杯のレース中に、肺から出血をしたために休養入り、今回は9ヶ月ぶりの競馬。10月上旬に美浦に戻ってきてから徐々にピッチを上げ、丹念に乗り込みを消化している。中間、主戦の柴田善騎手も跨り、仕上がり具合を確かめていたとの事。意外にも1400mは初めて。しかも、ハンデもそれなりに背負わされるだろうが、何しろ重賞勝ち馬。立場上、久々でも格好はつけたいところだろう。
(東京3-10R・オーロC・芝1400mに出走予定)

アドマイヤラクティ
梅田智 厩舎 (注目ランクB)
蟻洞明けだった前走を完勝。今は爪も伸びて心配がないと聞いている。「思ったより疲れがなかった。順調に来ている」と助手も好状態を強調していたこの中間。そのレース振りを見る限り、昇級でもオープン特別あたりが壁になるような馬でないことは明らかであり、ここ昇級緒戦から目が離せない。実際、厩舎サイドも「勝って金鯱賞に行きたい」と先を見据える話をしていたそうだ。
(京都4-10R・アンドロメダS・芝2000m内に出走予定)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »