« 次週注目馬速報 | トップページ | 次週注目馬速報 »

2012年10月24日 (水)

菊花賞のレース回顧

ダービー馬ディープブリランテが屈腱炎で直前に回避、さらにトライアルのセントライト記念で強さを見せつけ快勝した、ダービー2着馬フェノーメノが天皇賞に向かい不出走。
これに神戸新聞杯の圧勝劇を見てしまうと、ゴールドシップの単勝1.4倍という圧倒的な支持も当然だったと言えるでしょう。

そんな大きな期待を背負い、2冠制覇に臨んだゴールドシップ。
スタートダッシュがあまり良いとは言えず、無理せず最後方からレースを進めました。最内の1番枠のため、中団につけようとすると内側で外から包まれる形になり、馬群に揉まれて動きたいときに動けなくなったり、そのために仕掛けが遅れてしまう状況になる恐れがあります。これは、マークのきつい大本命馬であれば尚更のこと。そんな意識から、内田騎手は、ロスの多い外を回す方がまだリスクが少ないと判断したのでしょう。レースにおいて、騎手は絶対的にコースロス の少ない内に潜りこむ騎乗を考えるものですが、あえて外を選んだことに、鞍上の内田騎手の自信がうかがえました。
レースは平均ペースで進んでいましたが、ゴールドシップは向正面の途中から外を回り仕掛けていき、3コーナーでは好位に取りつきました。パッと見ただけでは、一気に仕掛けて脚をけっこう使った印象を受けましたが、内田騎手いわく「直線に向いてから後方一気の競馬をしたのでは届かないと思い、少しずつ出した」とのこと。
騎手の言う「少し出した」というのは、感覚的に本当にごく僅か、ハミを馬に譲ってあげるということであり、一般的に思われている仕掛けとは全く違うものです。それなのにゴールドシップは脚をグングン伸ばし前へ上がっていました。少しハミを緩めるだけであの常識外の反応、これはもう馬の能力で、他の馬にはそうそう使える脚ではありません。
4コーナーを回り直線へ向く寸前、内田騎手は左右を確認していましたが、どの馬がやってくるのか、どの馬が最後のゴール前までの相手となるのかを見る余裕が彼にあったのだと僕は感じました。それだけ手応えも良かったのでは。
京都競馬場の3コーナー手前から脚を使い出し、ゴールまで他馬を寄せ付けず走りぬいてしまうレースぶりに、いかにも長距離に向く脚質を感じます。また古くからの競馬ファンにとってその芦毛の馬体は母父メジロマックイーンを彷彿とさせ、感慨深いレースとなったのではないでしょうか。
そして、あらためて内田騎手の度胸ある騎乗には感心してしまいました。さすが一流騎手。これほどの人気馬に騎乗し、実績を考えても絶対に負けられない大舞台、迷いや焦りが手綱に表れてしまう騎手は少なくはなく、ベテラン騎手であってもここまで平常心(に見えました)を保ってベストな騎乗をするのは難しいか もしれません。意地や執念といった熱い感情が騎乗に出るイメージは無く、風や水のような爽やかで悠然とした雰囲気があるので、もともと少々のことでは動じない性格なのでしょうね。

ゴールドシップと内田騎手が強い競馬をしたこともあり、逆に、2着以下の争いは熾烈になりましたね。
2着はメンディザバル騎手騎乗のスカイディグニティ。ゴールドシップを徹底的にマークし、同じようなタイミングで動き出し、最後まで渋太く食い下がりました。以前から長距離での走りに光るものを感じさせていた馬であり、やはり距離が延びて良さが出たようです。そして、鞍上のメンディザバル騎手の手綱も見事。「ボクは長距離が得意なんだ」と周囲に語っていたという話を聞きましたが、それを自身の手で証明してみせましたね。
そして、3着はユウキソルジャー。前走が終わったあたりから、本番での穴馬と注目していた存在でしたが、改めて長距離戦に対する高い適性を見せたと思います。秋山騎手が想定していた以上に馬群が固まってしまい、かなり窮屈な競馬を強いられてしまいましたが、最後にグングン伸びて3着を死守した点は評価できます。なぜなら、決め手不足を補うために、本来はもう一列前で競馬をしたかったはずの馬。ベストの作戦が取れたとは言えないでしょう。それにもかかわらず、大きく崩れずに走れた。力のある馬でなければこうはいきません。地味な存在ですが、この馬も一流のステイヤーに成長する可能性を残しています。是非、 今後も忘れずに注目していただきたいものです。

|

« 次週注目馬速報 | トップページ | 次週注目馬速報 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/47571326

この記事へのトラックバック一覧です: 菊花賞のレース回顧:

« 次週注目馬速報 | トップページ | 次週注目馬速報 »