« 秋華賞のレース回顧 | トップページ | 菊花賞のレース回顧 »

2012年10月21日 (日)

次週注目馬速報

このブログを楽しみにしてくれている方にお知らせです。いよいよ来週は天皇賞、秋競馬も佳境に入りますね。毎週、日曜日の夜には一喜一憂すると思います。しかし次の週もまた競馬はあるんですよね。
勝った人も、負けた人にも、次週の競馬を改めて待ち遠しくなって頂きたく、今週から毎週日曜の夜には、僕が参加しているWORLD競馬webで取り上げている次週の注目馬を掲載することにします。是非、来週の競馬をチョッとだけ見てみて、いっしょにワクワクしましょう!

アドマイヤドバイ
橋田 厩舎 (注目ランクB)
新馬戦では人気を裏切ったが、当時はソエが痛かったらしく、「突っ張って走っていた」とのこと。全力を出し切っての敗戦ではなかった。栗東に入ってからも順調に乗り込んでおり、今週は持ち乗りが乗っていい動き見せていた。何より、わざわざ池添が厩舎に来てこの馬の様子を見にきていたというのだから、その期待の大きさは明らか。2戦目で本領発揮と行く。
(京都8-3R・2歳未勝利・芝1600m内に出走予定)

ドレミファドン
中川 厩舎 (注目ランクMM)
3ヵ月半ぶりの前走、気持ち太めだったことに加え、スローな流れも向かずに5着までだった。それでも57.5キロという重いハンデを背負って崩れなかったように力の一端は垣間見せていた。一度使って実績のある東京2100m、今回もそれなりにハンデは背負わされだろうが、実は、前走時から「叩いてこのレース」という話も。上位争いに加わってくることだろう。
(東京8-11R・赤富士S・ダ2100mに出走予定)

レオハイタッチ
杉浦 厩舎 (注目ランクB)
中山1600mのレコードホルダーである半兄レオアクティブが上にいる良血馬。デビュー戦は調教の動きが一息、体もポテポテでいかにも仕上がり途上。事前の予想通り後方からの追走になったが、エンジンが掛ってからは兄を彷彿とさせる伸び脚でデビュー勝ちを飾った。前走がそんなデキだっただけに、一度使った上積みは絶大。東京へのコース替りも不安はなく、ココに来て厩舎内では評価が急上昇しているそうだ。
(東京9-8R・くるみ賞・芝1400mに出走予定)

|

« 秋華賞のレース回顧 | トップページ | 菊花賞のレース回顧 »

次週注目馬速報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/47537361

この記事へのトラックバック一覧です: 次週注目馬速報:

« 秋華賞のレース回顧 | トップページ | 菊花賞のレース回顧 »