« 菊花賞のレース回顧 | トップページ | 天皇賞・秋のレース回顧 »

2012年10月28日 (日)

次週注目馬速報

僕が参加しているWORLD競馬webから来週出走の注目馬です。今週、勝った人も負けた人も頭をリフレッシュして、次の競馬を楽しみに待ちましょう。

サトノヒーロー
藤沢和 厩舎 (注目ランクB)
ご存知、前走は勝負話を本命公開、的中馬券をお届けした馬。本格化著しく、その勝ちっぷりは本当に鮮やかだった。気性を考慮して距離を詰めたという前走の経緯を考えれば、今回、マイルに戻ることがどう出るかという一抹の不安もあるが、まだまだ上を目指せる器であることは明らか。その走りに注目せずにはいられない。
(東京1-12R・3歳上1000万下・芝1600mに出走予定)

セトノフラッパー
南井 厩舎 (注目ランクMM)
シッカリ乗り込んでのデビュー戦だったが、陣営のトーンといえば「素直で前向きですよ」という程度。まずは使ってからというジャッジだった。実戦では中団からキッチリ脚を使って3着も、騎乗した川田に言わせれば「いや~、エンジンがなかなか掛からなくて」とのこと、やはり初戦向きのタイプではなかったようだ。その分、叩いた効果は大きく、この中間は調教師も「競馬慣れするし、コレは変わる」と自信あり気の様子。狙いの叩き2戦目、今度は初勝利まで。
(京都2-1R・2歳未勝利牝・芝1400m内に出走予定)

サトノフェアリー
宗像 厩舎 (注目ランクB)
父ディープインパクト、母ジャッキーテーストという良血で、セレクトセールにおいて3300万円で取引された馬。全兄プレミアムテーストは堀厩舎に入厩したが、この馬は宗像厩舎に所属となった。10月初旬から坂路主体に調教を開始し、最近はコース追いも取り入れて順調に乗り込んでいる。仕上がり早の牝馬とのことで、来週もうひと追いすればほぼ仕上がるという話。鞍上田中勝騎手で新馬勝ちを狙っている。
(東京2-6R・2歳新馬牝・芝1600mに出走予定)

|

« 菊花賞のレース回顧 | トップページ | 天皇賞・秋のレース回顧 »

次週注目馬速報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/47620664

この記事へのトラックバック一覧です: 次週注目馬速報:

« 菊花賞のレース回顧 | トップページ | 天皇賞・秋のレース回顧 »