« ローズS&セントライト記念のレース回顧 | トップページ | スプリンターズSのレース回顧 »

2012年9月26日 (水)

先週の重賞レース回顧

先週は阪神競馬場で第60回神戸新聞杯が行われました。このレースで3着までに入った馬にはクラシック最後の1冠、菊花賞の優先出走権が与えられます。
優勝したのは1番人気、皐月賞馬ゴールドシップ
スタートはそれほど速くなく、外枠も関係してか後方からのレースになりました。もともと前を行く馬ではありませんが、そっと出した感じのスタートからは「このポジションを狙う」などといった無理にどうこうする雰囲気は感じられず、鞍上の内田騎手も流れに任せる乗り方をしていたように思います。速めのペースで道中もそれほど緩まなかったことも良かったですね。ラスト半マイルあたりから動き出して残り200mでは独走となり、最後まで脚いろが衰えることなく完勝。外々を回しながら2着馬に2馬身差をつけるまさに横綱相撲でした。

重賞ウィナーのヒストリカルの他にも、重賞で好走実績のある馬が数頭出走しましたが、やはりゴールドシップの戦績・力は他馬に比べ圧倒的です。この世代を引っ張っていかなければならないクラシックホースとしては、春のライバルたちや夏の上がり馬が集結する菊花賞に向け、夏を越して順調に仕上がっていることをアピールするためにも絶対に負けられないレースでした。それは内田騎手も重々承知していたでしょうから、結果的に強い勝ちっぷりを見せられたことで今はホッとしていることと思います。

ただ、菊花賞ではどう評価しようか悩む人も出てきたのでは。
メンバー的に勝って当然と思われるし、ペースのわりに勝ち時計が思ったほど速くなかったこと。あと、馬の能力を信じて任せる乗り方をして、積極的に勝ちにいった内容ではなかったのも気になるところです。今回、もしもゴールドシップが負けていたとしたら、それが体重の大幅増などで惜しい2着ならともかく、伏兵に上手く乗られて足元をすくわれるような負け方であったとしたなら、今回のレース内容は少し楽観的すぎた気がします。
とはいえ結果的には、強い馬が強い競馬をして勝ったという事実が全て。菊花賞でどんな展開になったとしても、内田騎手なら臨機応変に動き、この馬にとって最適な走りをしてくれるのではないでしょうか。

先週の中山競馬場メインは第58回オールカマー。
2番人気のナカヤマナイトが昨年の共同通信杯以来、2度目の重賞勝利を挙げました。
この馬は皐月賞やダービーで掲示板に載るなど、昨年春のクラシック戦線をにぎわせた1頭です。鞍上の柴田善騎手は以前、まだ馬が(身体が出来上がっていないため)弱く道悪だとノメったり、トモをとられたり、走りのバランスが良くないと言っていましたが、この1年間でずいぶん成長したようで、力強い走りを見せてくれました。
3コーナーから好位にとりつくと逃げ馬をピタリとマークし、最後は力でねじ伏せるような勝ちっぷり。

確か昨年、共同通信杯をこのコンビが勝ったときに次のことを記しました。
“騎手はレースを通じて馬に競馬というものを教えるのが仕事で、色々なポジションを経験させてその馬の性格や脚質に合った走りをする。柴田善騎手は馬に教えることに関して非常に優れた騎手。その彼がナカヤマナイトに限っては放任主義で、走りのリズムを大事にし気分よく走らせることを心がけているような気がする”
オールカマーを見て、柴田善騎手が昨年とレースのやり方を変えたように感じましたが、まだ弱かったために馬をそっと動かして最後の直線にかける乗り方をしていたということでしょうか。それでも当時の「馬の性格や能力を熟知し信頼しているからこういう競馬をする」との考えは現在も変わりません。デビュー戦からすべてのレースで手綱をとる柴田善騎手がナカヤマナイトに寄せる信頼は本物だと思います。
馬が逞しく成長したことで自信を持って臨んだオールカマーで、自ら動いて主導権を握り押し切るレースができたのは大きな収穫。この馬は、これからさらに強くなりそうな気がします。

|

« ローズS&セントライト記念のレース回顧 | トップページ | スプリンターズSのレース回顧 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/47216512

この記事へのトラックバック一覧です: 先週の重賞レース回顧:

« ローズS&セントライト記念のレース回顧 | トップページ | スプリンターズSのレース回顧 »