« 札幌記念のレース回顧 | トップページ | 新潟記念のレース回顧 »

2012年8月29日 (水)

新潟2歳Sのレース回顧

新潟競馬も今週でラスト。
この新潟の最終週になって、完全に夏が終わったことを実感します。
僕が現役の頃も徐々に人数は減っていたものの、夏の間中ずっと新潟に滞在していた騎手はまだまだいて、仕事とはいえ、やはりバカンス気分になり、普段暮らしている茨城とは違う生活を楽しんでいました。夏休み中ということで、家族とウィークリーマンションなどを借りる騎手もいましたしね。そして新潟開催が終わり秋の中山を迎えると、再び感覚を切り換えて日常へと戻ります。現在は滞在する騎手はほとんどおらず、自家用車か新幹線で毎週通うようになったので普段と変わらない感覚でしょうが、僕も含め当時を知るベテラン騎手などは、夏の滞在先の思い出をたくさん持っていると思います。

さて昨年までは夏の新潟を締めくくるレースだった新潟2歳S。今年から新潟記念と日程が入れ替わったことに多少の違和感はありますが、きっとすぐに慣れるでしょう。
優勝は松岡騎手騎乗のザラストロ
レースは流れが速く、前を行く馬たちには厳しい展開となりました。実際、勝ったザラストロが後方3番手、2着ノウレッジが内々の中団やや後ろと、2頭ともに後方に位置して脚をためるレース運びをしましたね。
また、高速馬場で有名な新潟競馬場は馬場状態がとても良いのですが、そんな良い馬場でも騎手は皆、直線ではさらに良いところを求めて外へ持ち出し追い比べをします。それが今回のレースでは、内側に馬群が集まるという珍しい光景が見られました。そんな中、セオリーどおり馬群の大外に持ち出したザラストロが温存していた末脚を一気に解放し、鮮やかな差し切り勝ちをおさめました。道中と直線それぞれの『位置取り』というものが、レースにおいていかに大きなものであるかがわかります。
ザラストロは展開が向いたとはいえ、2歳の現時点であれだけの脚はそうそう使えるものではありません。他馬と比べても完成度が高いと思います。

このレースで最も印象に残ったのは、2着ノウレッジの鞍上・蛯名騎手の騎乗(技術)です。 直線に向くと内ラチ沿いから追い出し、内側からステッキを数発入れたところ、馬がフラッと外側にヨレたため、すぐさまステッキを外に持ち替えて外からまた数発。と、今度は内側に寄るので、またまた持ち替えたステッキで内から叩く。騎手としてこの鞭の使い方は当たり前ですが、わかっていてもやらない、または出来ない騎手はいます。
「馬をレースで真っ直ぐ走らせる」これは基本中の基本。特に若い馬は、後々のことを考えてレースでは騎手がしっかりと導いてあげなければなりません。鞭の素早い持ち替えなどは長年の経験で技術を磨いてきたからとも言えますが、やはりずっと意識して続けてこなければ、その技術も身につきません。基本を忠実に守り技術を磨き、何より馬のことを考えて最良の騎乗をする蛯名騎手の意識の高さに感銘を受けました。
2着に敗れはしましたが、ノウレッジにとって次につながるとても良いレース内容でした。

|

« 札幌記念のレース回顧 | トップページ | 新潟記念のレース回顧 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/46867613

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟2歳Sのレース回顧:

« 札幌記念のレース回顧 | トップページ | 新潟記念のレース回顧 »