« 函館記念のレース回顧 | トップページ | クイーンSのレース回顧 »

2012年7月26日 (木)

アイビスサマーダッシュのレース回顧

国内で唯一の直線レース重賞、アイビスサマーダッシュが新潟競馬場で行われました。
優勝したのは5歳牡馬のパドトロワ。このレースを制した牡馬はこれで2頭目、僕が2006年にカルストンライトオで優勝して以来じつに8年ぶりのことです。
パドトロワは7番人気ではありましたが、能力が本格化した昨年は春から好調で、GⅠのスプリンターズSでも2着にくるほどの実力馬です。今年は人気になりつつも思うような成績があげられなかったため、この評価だったのでしょう。

レースは好スタートから3・4番手追走、残り50mから抜け出して2着馬に1馬身半差をつける完勝。鞍上の安藤騎手の手応えを見ても、とても楽な様子でした。
直線1000mに出走するのは、いずれもスピードが自慢の馬なので、騎手が手綱を「持ったまま」で前(を行く馬の動き)を見ながらの追走という場面はあまり見られません。というのも直線の短距離レースでは、たとえ好位につけていたとしても、先行する馬の脚いろが衰えることは滅多にないために仕掛けのタイミングを待っていても仕方が無い。自然と早めに騎手の手が動いて、前を行く馬を捕らえにかかるからです。今回の安藤騎手みたいなじっくりと構えた騎乗は、そうそう出来るものではありません。
直線レースと、コーナーがある他のレースとの一番の違い。
それは「脚をためる」ことをほとんどしない点でしょうか。
確かに、距離が短いとはいえスタートからゴールまでを、息を付く暇も無く追いっぱなしでは馬がもたないし、そんな単純なことで勝てるほど競馬は楽なものではありません。脚をためるために抑えたり、それなりに息を入れる時間もとったりします。ただし、他のレースに比べると、ためる時間は極めて短いですね。
安藤騎手がためていた時間は、直線レースにおいてはかなり長い方だと思います。そのおかげで、追い出してからの伸びが目を見張るものになったのではないでしょうか。
もちろん、この戦法はどの馬にも、どの騎手にもできるものではありません。
今回のように脚をためるには、好位につけて、しかも絶対に前と離されずに進められるほどの脚があって、なおかつ手応えが十分にないといけません。これが出来たのは、パドトロワの調子が相当良かったということでしょう。
また、馬がどれほど好調でも、その能力を心から信じていたとしても、このスピード勝負の直線競馬では落ち着いた騎乗をするのは慣れていないと難しいと思います。冷静な判断と肝の据わった乗り方は、さすがベテランの安藤騎手といったところでしょうか。
直線競馬でありながら、まるで1200m戦を観ているような不思議な感覚でした。

僕が注目したハクサンムーンは4着。
直線競馬の特徴は、データが示すとおり外が有利です。ハクサンムーンは2枠3番の内枠に入ったことで、やはり最後には脚が止まってしまいました。鞍上の石橋脩騎手は、外に出していく思い切った騎乗をするのも一つの手だったのでは…。持ち味であるスピードは存分に生かせていただけに、レースの内容が少し惜しいと感じました。

|

« 函館記念のレース回顧 | トップページ | クイーンSのレース回顧 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/46472176

この記事へのトラックバック一覧です: アイビスサマーダッシュのレース回顧:

« 函館記念のレース回顧 | トップページ | クイーンSのレース回顧 »