« 宝塚記念のレース回顧 | トップページ | 七夕賞のレース回顧 »

2012年7月 5日 (木)

先週の重賞レース回顧

先週は福島競馬場で第61回ラジオNIKKEI賞が行われました。
僕がこのレースを勝ったのは、まだ「ラジオたんぱ賞」だった2000年。福島が改修工事のため東京競馬場で開催された年です。3歳馬が出走するレースだというのは当時から変わりがありませんが、現在はハンデ戦になっていて予想するのが難しくなりましたね。

2歳重賞から春のクラシックトライアルレース、そして牡馬2冠レースを経てきた馬もいれば、3歳になってからデビューし、500万や1000万条件戦を勝 ち進んできた馬もいます。実績を重んじるか、勢いを買うか。強いがトップハンデでは苦しいか、力不足に感じるが軽ハンデは捨てがたい等々・・・。ハンデ キャッパーの方々が全部をひっくるめて公正に競馬が行われるよう斤量を決定するわけですから、本当に悩みますよね。

今年のラジオNIKKEI賞は、2番人気ファイナルフォームが優勝し、1番人気ヤマニンファラオは2着。ともにハンデは軽すぎず重すぎず、これまでもそれぞれのクラスで好走を続けてきたこの2頭のワンツーは納得の結果です。
ファイナルフォームは、東京競馬場の500万下に出走し勝ち上がってきました。直線で外に出し一気に伸びて先頭に立ったその前走のレースぶりから、府中の ような長い直線コースをもつ競馬場でこそこの馬の良さが引き立つのではと考えていましたが、小回りの福島競馬場でも十分に、持ち味である瞬発力を生かした 勝ち方でした。

鞍上の戸崎騎手はこの日、堀厩舎所属馬5頭に騎乗し4勝。スポット参戦でこれだけ勝たれてしまっては、他のJRA騎手はさぞかし悔しい思いをしていること でしょう。堀厩舎には走る馬が多いのは確かですが、上位人気馬だから100%勝てるとは言えないし、人気が無くとも展開次第で勝つこともあります。それで もこれだけきっちり結果を出す戸崎騎手は、勝利に対する想いが誰よりも強いのかもしれません。毎週騎乗する機会があるJRA騎手とは違い、地方競馬所属の 彼らには限られた日のレースのみですが、その与えられたレース1つ1つに全力をもって騎乗しているのがわかります。その気迫はどこから来ているのか、とて も興味深いところです。これからもJRAのレースで騎乗する機会は多いでしょうから、注目しなければならない存在ですね。

中京競馬場では第48回CBC賞がありました。
優勝はマジンプロスパー、馬主はかつて大魔神と呼ばれた元プロ野球選手の佐々木氏です。 2番手から直線で楽々と抜け出しゴール。重賞2勝目を挙げました。サマースプリントシリーズのチャンピオンを狙っているとのことですが、今回のレースぶり なら可能だと思います。ただ夏の暑い中でのレースは馬の体力・精神力を非常に消耗しますから、(気が早いかもしれませんが)秋のスプリンターズSに向け て、いかにサマーシリーズの疲れを残さないように調整し、好調を維持してゆくか。厩舎スタッフの皆さんの腕の見せ所ですね。

|

« 宝塚記念のレース回顧 | トップページ | 七夕賞のレース回顧 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/46200889

この記事へのトラックバック一覧です: 先週の重賞レース回顧:

« 宝塚記念のレース回顧 | トップページ | 七夕賞のレース回顧 »