« 先週の重賞レース回顧 | トップページ | 先週の重賞レース回顧 »

2012年6月27日 (水)

宝塚記念のレース回顧

6月がそろそろ終わり、早いもので2012年も半分が過ぎようとしています。
先週は阪神競馬場で上半期を締めくくるGⅠレース宝塚記念が行われ、人気投票第1位、そして堂々の1番人気に支持されたオルフェーヴルが優勝を飾りました。
暮れの有馬記念を制した後は、3月の阪神大賞典でまさかの2着、そして前走の天皇賞(春)では悪夢の11着。さすがに今回は単勝1倍台にはなりませんでしたが、まだ100%のデキではないと言われながら、それでもオルフェーヴルの強さを信じ続けるファンは多かったはず。その想いに応えるような素晴らしい走りでしたね。

レースは逃げ馬ネコパンチが前半1000mを58.4秒のハイペースで引っ張り、オルフェーヴルにとって最大の課題であった折り合いがラクについて、無理に抑えこむ騎乗をしなくて済みました。スムーズな追走ができたことが何より大きかったと思います。
そして鞍上の池添騎手の、大胆でいながら考え抜かれた騎乗も良かった。
現在の阪神競馬場の芝コースは、内側が悪く外がよく伸びる傾向が顕著で、実際、他の上位人気馬に跨っていた騎手は全てが3・4コーナーから外の方へと出していき、直線で芝の良い場所を通るよう騎乗していました。
ところがオルフェーヴルの池添騎手は、仕掛けを遅らせてインで待ち、前を行く馬が早めに外へ進路をとったことを確認してから内を突き、一気に追い出しました。
騎手としては馬場の悪い内側は避けたいと考えるのが当然。それを池添騎手はなぜ、あえて内を狙っていったのでしょうか。
まずこのオルフェーヴルが、道悪を苦にしないタイプということ。それと僕の憶測ですが、外に持っていくことで逸走した前々走のような状態になってしまう恐れを抱いていたために、インでじっと我慢するレースを選んだのではないでしょうか。
しかし、あれほど馬場が荒れて伸びない場所を通っていながら、あの脚を繰り出せるのだから凄い。着差以上の強さを見せつけましたね。現役最強馬はやはりこの馬です。

注目していたウインバリアシオンは4着。
これまでよりやや前めの位置取りでレースを進めて、3コーナーから早めの仕掛けで上がっていき直線では外に出す、このレース内容は良かったと思います。
オルフェーヴルを負かすにはレースをどう進めたらよいか、どう動けばよいかという岩田騎手の気持ちが、観ているこちらにも伝わりました。もしも勝っていたなら、岩田騎手のファインプレーによる勝利と言われるほどの乗り方だと思います。
確かに、ウインバリアシオンは決め手のある馬なので、もっとじっくり構えて乗っていれば着順は1つ2つ上がっていたかもしれません。ただ、それではオルフェーヴルには勝てないから賭けに出た。岩田騎手の思い切りの良さとウインバリアシオンの新たな魅力が見られた、良いレースだと思います。

|

« 先週の重賞レース回顧 | トップページ | 先週の重賞レース回顧 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/45941790

この記事へのトラックバック一覧です: 宝塚記念のレース回顧:

« 先週の重賞レース回顧 | トップページ | 先週の重賞レース回顧 »