« オークスのレース回顧 | トップページ | 安田記念のレース回顧 »

2012年5月31日 (木)

日本ダービーのレース回顧

競馬関係者なら誰もが夢見るレース、日本ダービーが、晴天の東京競馬場で行われました。

今年はディープブリランテが優勝し、デビューからずっと騎乗し挑んできた岩田騎手とともに夢と名誉をその手に掴みました。
前が止まらない高速馬場が味方したのもありますが、それを計算して騎乗した岩田騎手はさすがです。4番手から直線に向くと、逃げ馬を捕らえて早めの先頭に。少し早いだろうと思いつつ観ていましたが、猛追するフェノーメノをハナ差凌いで1着でゴール。普段なら、これほど早仕掛けはしないのでしょうが、ダービーの重圧があったのかもしれません。ただ、ゴールに向かう岩田騎手の、遠目からでもわかる馬上での激しい追い方には、何が何でも(脚を)もたせてやるという気迫が満ち溢れていました。
岩田騎手は勝ちに向かうための嗅覚というか、勘が非常に鋭いと思います。いつも気付くと良い場所にいたり、一見不利なようでいて結果的にベストな展開であったり。「持ってる」騎手というのは彼のような人を言うのでしょうね。

2着はハナ差届かず、蛯名騎手騎乗フェノーメノ。
馬は完璧に仕上がっており、レース内容も文句なしの素晴らしい競馬でした。
人馬一体になりベストを尽くしましたが結果は2着。ゴール直後に勝ち馬に並びかける勢いだけに、いっそう悔やまれます。蛯名騎手が「悔しすぎる」と言いましたが、その気持ちは痛いほどわかります。きっと何年も、もしかしたら一生、この日のことを思い出しては悔しさがよみがえるのでは。26年目のベテランである蛯名騎手、あと何年現役を続けるかわかりませんが、ぜひダービージョッキーとなって、この悔しさを何十倍もの喜びにかえてほしいと思います。

注目馬であったワールドエース&福永騎手は、高速馬場を意識したのかいつもより前目の中団待機の競馬をしました。位置取りは悪くなかったと思いますが、期待していたほどの切れは感じられず、直線こそ良い脚は使っていたもののすでに勝負はついており4着どまり。池江調教師が仕上げが甘かったとコメントしましたが、これほどの調教師がダービーという晴れ舞台で緩ませるはずもないので、多分、人気は必至のレースに際し、極限まで仕上げることはせず大事に扱っていたということでしょう。
今年のダービーも見応えは十分だったと思います。出走した皆の勝ちたいという気持ちが伝わるようなレースでした。

最近、騎手や調教助手を目指す若い人の間では、ダービーよりも世界を相手に戦うジャパンカップ、または年末のドリームレース有馬記念を勝ちたいという考えが増えてきました。確かに大いに盛り上がる大舞台ですが、やはりダービーは関係者にとって特別なもの。
若手騎手も最初のうちは、ダービーは数あるGⅠレースの1つ程度の意識を持っているとしても、師匠である調教師や厩務員、生産者や馬主など、周りの人たちのダービーに対する想いを知り、ダービーに臨む先輩騎手たちの意気込みを感じ、そしてダービージョッキーに輝く騎手とその陰で悔し涙を落とす者を目の当たりにし、徐々にこのレースの重みを理解します。そしていつしか憧れを抱くようになるのです。
GⅠレースをいくつも制している岩田騎手ですらゴール後に泣いていました。感極まって涙するようなレースなど、そうあるものではありません。
レースを観ていて、思わず口に出してしまいました。
「あ~、ダービーで乗りたいな~。」
…引退して何年も経っているというのに、あの空気を味わいたくなる。
やっぱりダービーって、良いですね。

|

« オークスのレース回顧 | トップページ | 安田記念のレース回顧 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/45480264

この記事へのトラックバック一覧です: 日本ダービーのレース回顧:

« オークスのレース回顧 | トップページ | 安田記念のレース回顧 »