« 皐月賞のレース回顧 | トップページ | 先週の重賞レース回顧 »

2012年4月25日 (水)

先週の重賞レース回顧

先週はオークスのトライアルレース、フローラSがありました。
桜花賞組は間隔が短過ぎるため不出走、これといって目立つ馬は見当たらず、どの馬も一長一短という感じ。上位人気馬でさえ安定した成績とは言いがたく、難しい一戦でした。
しかしレースが終わってみれば1、2番人気馬のワンツー決着。ファンの皆様はさすがです。
見事1番人気に応えてオークスへの切符を手にした優勝馬ミッドサマーフェア
前走、君子蘭賞での強烈な末脚を使った差し切り勝ちが印象的ですが、今回は鞍上の蛯名騎手が流れを読んでのものか、先行集団の直後につけ、いつでも動ける位置取りでした。
それが正解でしたね。流れは前半1000m通過が62.1秒と開幕週の重賞レースとしては遅いペースで進んだために瞬発力勝負になったこのレースでは、ミッドサマーフェアの決め脚が勝っていました。この末脚はとても強い武器になります。
オークスでは桜花賞上位と対戦しますが、センスが良いこの馬が今回のような走りをすれば、強敵相手でもひけはとらないと思います。

2番人気で2着のアイスフォーリスはスタート後2番手につけて流れは向いていました。多分、騎乗していた松岡騎手も自信を持ってレースを進めていたでしょう。勝ち馬とは唯一、決め手の差が出てしまったように感じます。これで(1.4.0.2)と連対率は高いものの、惜しい2着が多くまだ1勝の同馬。オークスでも流れ次第で好走するとは思いますが、やはりもうワンパンチあれば最高です。

京都競馬場ではマイラーズCが行われ、3番人気シルポートが昨年の同レース以来1年ぶりの勝利、連覇を果たしました。この馬の持ち味であるいつもどおりの軽快な逃げで得意な形に持ち込むと、後は楽々と逃げ切り勝ち。
どの騎手も、この馬が逃げることはもちろんわかっています。ただ、そのまま逃げ切って勝つとは限らないので、シルポートの直後につけるなどという作戦はまず実行しませんね。
騎手は、相手を負かすというよりも「自分の馬が勝てるように」「自分の馬にマイナスになる恐れのある騎乗はしないように」「自分の馬にとってベストな競馬」を心がけてレースに臨んでいるからです。
逃げ切られてしまうかもという疑心・恐怖にとらわれて自分の馬の脚を無理に使えば、最後は共倒れになって結局は切れのある脚を持つ差し馬にやられてしまうことは多々あります。リスクの大きさを考えると、よほど勝算があるか又は流れを読み目標をシルポートに切り換えたのならば別ですが、わざわざ逃げ馬を潰しに動くことはしないのが普通です。
騎手の迷いや不安は手綱を通して馬に伝わるため決して良い結果は得られませんから、逃げ切られたら仕方ないと割り切り、自信を持って自分の競馬に徹することになります。
その結果、最も「自分の競馬」に持ち込みハマったのがシルポート。どうもGⅠになると目立たなくなってしまいがちですが、安田記念でも自分らしい競馬で見せてほしいと思います。

|

« 皐月賞のレース回顧 | トップページ | 先週の重賞レース回顧 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/45022858

この記事へのトラックバック一覧です: 先週の重賞レース回顧:

« 皐月賞のレース回顧 | トップページ | 先週の重賞レース回顧 »