« 先週の重賞レース回顧 | トップページ | 皐月賞のレース回顧 »

2012年4月11日 (水)

桜花賞のレース回顧

今年もいよいよクラシックシーズン到来。
その第1弾、桜花賞が阪神競馬場で行われました。
珍しく満開の桜で迎えられなかった阪神競馬場を鮮やかに彩ったのは、岩田騎手鞍上の単勝2番人気ジェンティルドンナでした。
レースは好スタートを切りながらも中団まで控えて追走。前半は外からサウンドオブハートに馬体を合わせられて揉まれそうな雰囲気でしたが、相手を先に行かせ、自分たちの外側に馬がいない状況をつくると(たまたまそうなっただけにも見えましたが)、それからは上手くなだめつつ進んでいきました。そうして脚を溜めることができたため、最後の直線できれいに弾けたのではないでしょうか。
クラシックのような大レースに勝つには、無駄や無理の無いスムーズな追走と、その馬や騎手の持つ「勝負運」みたいなものが欠かせないように思います。普通あのポジションだと、1頭行かせてもさらに外から上がってくる馬がいるため、どうしても包まれてしまう状況になりやすいのですが、今回はそれがありませんでした。おかげで馬がリラックスして走れたのが良かった。良い脚を使うジェンティルドンナと、無理をさせずに自然体で騎乗した岩田騎手の息が合い、好結果を生み出したレースでした。
ジェンティルドンナの戦績を見ると、デビュー戦からの5戦全てが1600m戦。管理する石坂調教師が、いかに最初から桜花賞を意識してレースに臨んでいたかがわかります。

2歳の有力牝馬たちが狙うGⅠレースである阪神JFと桜花賞の距離が1600mというのも関係あるのか、スピード感のある脚を持つ馬の活躍がこの時期までは目立ちますが、桜花賞が終わると次は距離も舞台もガラリと変わるオークスへと話題が移ります。
そのオークスは800m伸びる2400m戦となりますが、この距離のトライアルレースは存在しないため、レース検討の段階で「過去のレース実績」というものは当てはまらないことになります。オークスに出走するどの馬も初めての体験ですから、血統や脚質、そして今回の桜花賞の成績&レース内容から判断するしかありません。
直線でよく伸びる脚を持ち、しかも長く使えるのが何よりの強みであるジェンティルドンナは東京競馬場にも対応できそう。オークスに出走したとしても好走すると僕は思います。

1番人気で6着に敗れた2歳女王ジョワドヴィーヴル
デビューから420キロを超したことが無い小柄な馬で、この桜花賞も416キロでした。名牝ブエナビスタの半妹であるこの馬の能力の高さは確かでしょうが、相当のスタミナを要求される府中の2400m戦では、少々割引いて考えることが必要かもしれません。
3着アイムユアーズも、そのピッチ走法からスピードが武器であるタイプの馬だと思われ、オークスは距離が長過ぎる気がします。
桜花賞組から注目したいのは、2着に好走したヴィルシーナ
走り方や雰囲気からもオークスの距離・舞台は問題ないと思われ、あとは騎手が上手く折り合いをつけて流れに乗れれば、府中の長い直線で良い脚を使ってくれそうですね。
ヴィルシーナの騎乗は今回が初めてだった鞍上の内田騎手は、すでに馬の特長や感触を掴んだでしょう。オークスではその手腕に期待します。

|

« 先週の重賞レース回顧 | トップページ | 皐月賞のレース回顧 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/44843176

この記事へのトラックバック一覧です: 桜花賞のレース回顧:

« 先週の重賞レース回顧 | トップページ | 皐月賞のレース回顧 »