« 桜花賞のレース回顧 | トップページ | 先週の重賞レース回顧 »

2012年4月18日 (水)

皐月賞のレース回顧

先週は牡馬のクラシックGⅠ皐月賞が中山競馬場で行われました。
週末の降雨で馬場状態が悪くなり、当日は稍重の発表でした。稍重なら大したことがないように感じますが、開催から間もないならまだしも、2開催続いた中山競馬の最終日、それも芝の生育が良く回復が早い初夏~秋とは違い、気温が低く天候が不安定な春先。その開催16日目ともなれば自然と馬場の傷みが目立ち、さらに雨が降ればもうボコボコです。
当日の芝のレースに騎乗予定の騎手たちは、コースのどこを通ろうか、どうやってレースをしようかと頭を悩ませたことと思います。

まず一冠、今年の皐月賞を制したのは内田騎手騎乗ゴールドシップでした。
新馬勝ちからオープン、その後はGⅢレースを3戦し、今回の皐月賞制覇とここまで全てに連対(4.2.0.0)する素晴らしい成績。またその血統も魅力的です。父ステイゴールドと母父メジロマックイーン、いずれも現役競走馬だった頃には非常に高い人気を誇っており、当時ファンだった方は嬉しさと懐かしさで胸が一杯でしょう。
レースでは、内田騎手が最後方から進めることを選択。
じっくりと脚を溜めながら他馬の動きを確認して、3コーナーから一気にコースを内に取り、4コーナーを回った時点ではほぼ先頭に並びかける位置まで来ていました。
内田騎手は、ゴールドシップが道悪を苦にしない馬だとわかっていたのでしょうが、それでもこのGⅠの大舞台で一か八かの賭けに出るのは、なかなか出来ることではありません。
騎手としては、多少の距離ロスは承知の上で馬場外側の良いところを選び、走らせるのが普通です。もちろん外に回した分だけ無駄ができるのはとても嫌なもので、できれば内側を通る効率的な騎乗をしたいと考えていますが、やはり外を回すのには理由があります。
馬場の悪いところを走るというのは、馬にとってかなり大きな負担。想像以上に体力を奪われて、徐々に脚が上がらなくなってきます。ですから外に回すことになっても、馬の脚に少しでも負担がかからない道を選びます。1頭だけ内を通って勝つと「他の馬も内に入れれば勝てたのに」と思いがちですが、それは結果的に成功しただけであって、騎手にとってはリスクが大き過ぎる賭けなのです。
今回は内田騎手のコース取りの上手さや冷静な判断力、度胸の良さなどが勝因として挙げられ、その騎乗は高い評価を得ましたが、もしも進路を内に取ったことで思ったより脚が伸びずに外から差されていたら、敗因はおそらく騎手に100%あり、非難されても仕方の無い乗り方。馬の能力とトップジョッキーとして生きてきた自分の勘を信じているからこそ出来た作戦でしょう。
それにしても、外を通るとあんなにも距離が違うものかと驚きを隠せませんでした。
コースの選択ひとつで不利な状況になることをあらためて感じ、騎手の判断力はレースにおいてとても重要な要素だと思いました。

2番人気2着のワールドエース
道中は勝ったゴールドシップとほぼ同じ位置取り。ただ、鞍上の福永騎手は内田騎手とは対照的に、最初から馬場の良い外を選ぶと決めていた様子で、直線は大外に持ち出して追ってきました。あの脚いろは他馬との素質の差を感じさせるほど素晴らしく、力は十分に見せつけた形です。結果が全てとはいえ、力で負けているとは思いませんので、ダービーでのリベンジを期待します。

|

« 桜花賞のレース回顧 | トップページ | 先週の重賞レース回顧 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/44932908

この記事へのトラックバック一覧です: 皐月賞のレース回顧:

« 桜花賞のレース回顧 | トップページ | 先週の重賞レース回顧 »