« 先週の重賞レース回顧 | トップページ | 先週の重賞レース回顧 »

2012年3月 7日 (水)

先週の重賞レース回顧

3月に入り、チューリップ賞や弥生賞など春のクラシックに向けてトライアルレースが始まると、本格的な春競馬の訪れを感じます。
皐月賞トライアルと言われるレースは弥生賞・若葉S・スプリングSとありますが、その中でも弥生賞の勝ち馬が最も本番につながると僕は思います。やはり皐月賞と同じ中山競馬場、そして同じ2000mの距離での競馬を経験するのは、非常に強みだからです。
今年の弥生賞から、クラシックへの階段を駆け上がってゆくのはどの馬でしょうか。

ここ最近、春先特有の不安定な天候が続き、先週も中山競馬場の馬場は重の発表。
弥生賞では、瞬発力や切れ味で勝負する形を得意とするディープインパクト産駒が数頭おり高い人気を集めましたが、いずれも本来の力を出し切れずにレースを終えた感じです。
上位に入着した馬は好位で流れに乗り、コースロスの無い内々を上手く立ち回りました。ただ、内枠先行有利の展開のレースとなったことは確かで、上位馬の好走は、枠順に助けられた面もあります。

レースは逃げると予想していたメイショウカドマツが出遅れ、2枠2番のトリップに騎乗した田辺騎手は、好スタートを決めたにもかかわらず、メイショウカド マツが来るまで待機。インをずっと(メイショウカドマツが入ってこれるように)空けて騎乗していた田辺騎手の判断はとても良かったと思います。
メイショウカドマツ以外は先に行く馬が見当たらないこの弥生賞。
皐月賞という大レースを見据えての大事な一戦であり、逃げ馬が出遅れたからといって、騎手は勝手な判断で動いて、レースを自ら作るというわけにはいきません。自分は予想外の動きをしたくないわけですから、本来の(メイショウカドマツがレースを引っ張る)流れに戻したかったのでしょう。おかげでペースは超スローとなり、田辺騎手にとって狙い通りの流れになったのでは。このレースは、完全に田辺騎手が主導権を握りましたね。これまでの田辺騎手の位置取り、乗り方から、僕はレース中盤あたりですでに勝利を確信しました。
ところが直線で先頭に立つと、そこから案外と鋭い脚が使えず、勝ち馬にかわされ2着。
トリップは約2ヶ月ぶりの出走でしたが、マイナス8キロと絞ってきたことからも仕上がりは上々、なおかつ、あれだけ上手い騎乗をしながらも勝てなかったのは残念。まだ(パワーなのか切れ味なのか、それとも馬場なのか)何かが足りないのかもしれません。
とはいえ、今回はトライアルということで当然100%のデキになかったのは承知です。これから状態はさらに上向きになると思うので、皐月賞当日の馬体に注目しましょう。

今年の弥生賞、優勝は単勝9番人気コスモオオゾラ、鞍上は柴田大地騎手。
他馬が道悪で苦しんでいる中、そしてこのスローペースでも折り合いはピタリとつき、特に直線での伸び脚には目を見張るものがありました。
柴田大騎手の騎乗で良かったのはコース取りで、直線に差しかかったときに馬群の隙間を上手く突いて抜け出してきたところが素晴らしい。とても落ち着いて騎乗していましたね。
柴田大騎手はしばらく一桁勝利の年が続きましたが、それまでコツコツと築いてきた信頼関係や努力により結果を出し、昨年は20勝と大きく勝鞍を伸ばしました。ここに至るまでの道程は、彼にとって大きな励みと確固たる自信をもたらしたのではないでしょうか。
コスモオオゾラも、真面目に走るところや鞍上の言うことをよく聞いてくれそうな雰囲気があり、騎手にとっては乗りやすいタイプに見えます。目を引くほどの 華やかな血統とは言い難いために、皐月賞でも人気はそれほど上位にはならないと予想されますが、侮ったら痛い目に合うかもしれませんね。

|

« 先週の重賞レース回顧 | トップページ | 先週の重賞レース回顧 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/44404538

この記事へのトラックバック一覧です: 先週の重賞レース回顧:

« 先週の重賞レース回顧 | トップページ | 先週の重賞レース回顧 »