« 先週の重賞レース回顧 | トップページ | 先週の重賞レース回顧 »

2012年3月28日 (水)

高松宮記念のレース回顧

第42回高松宮記念が新装なった中京競馬場で行われました。
優勝馬は、単勝2番人気に支持されたカレンチャン。昨年秋のスプリンターズSに続いての短距離GⅠ制覇です。牝馬ながら安定した成績を誇り、重賞5勝目となりました。
レースでは好スタートを決めて2番手追走、ロスなくソツなくテンポ良く行けました。
カレンチャンの鞍上・池添騎手は前週、現在の日本競馬界最強馬オルフェーヴルに騎乗し、負けられないレースでアクシデントにより2着に敗れました。あれから1週間、池添騎手は完全に気持ちを切り換えたようで、自分の腕やレース勘、そして愛馬の力に自信を持って騎乗していました。その自信は、少し早いと思われる仕掛けに表れていました。
舞台が以前の中京競馬場であるなら、直線距離が短いので、4コーナーを回った時点で先頭に立つのは悪くない戦法だと思いますが、直線がおよそ100m長い上に坂もきつくなった現在の中京競馬場では、馬がバテるのを怖れる騎手は、あまり早仕掛けはしないものです。
それを池添騎手は、直線に入ると堂々と先頭に立ってそのまま押し切るのだから、自らの判断を信じる芯の強さがうかがえます。また彼の信頼に応えるカレンチャンも凄いですね。とても良いコンビだと思います。

僕が注目し応援していたのは、単勝3番人気サンカルロです。
レースの内容は申し分なく、吉田豊騎手は馬の力を100パーセント引き出す騎乗をしていました。最後の最後までよく伸びて、もしかしたらと期待しましたが2着に惜敗。
新しい中京競馬場の1200mコースはサンカルロには向いていると僕は考えていましたが、その通り走りやすそうに見えました。平坦な1200mでは、軽くて切れる脚をもつ馬がスピードで押し切って勝つことが多々あります。しかし同じ短距離馬でもサンカルロはそういうタイプではなく、直線が長くてパワーの要る坂など、馬に「タフさ」が求められるようなコースが良さそうです。本来この馬は1400mがベストだと僕は思うので、大レースに1400m戦が無いことが残念でたまりません。
カレンチャンは確かに強いけれど、サンカルロも全く力負けはしておらず、どちらが勝ってもおかしくないレースでした。サンカルロがほんのクビ差届かなかったのは運、それも馬ではなく、現在の「騎手の運の強さ」でしょうか。といっても数々の大レースを制してきた吉田豊騎手の運が悪いわけもなく、ただ、絶好調の昨シーズンに続いてノッている池添騎手の方に、現在は勢いがあるのだと感じました。

デビューから今回の高松宮記念までの9戦全てが1番人気のロードカナロア
重賞を2連勝し挑んだGⅠタイトルでしたが、結果は3着でした。メンバー中最も良いスタートを決めて、鞍上の福永騎手には理想的な流れになりましたが、結果的に、位置取りを少し下げすぎたのかもしれません。あれだけ素晴らしいスタートを切れたのだから、カレンチャンが居たポジションで競馬を進めることができたのではないでしょうか。
終始、内に包まれる形になり自由に動けるスペースが無く、馬は伸び伸びと走れていないように見えました。少し大事に乗りすぎたかもしれませんね。

他、今回のレースで目を引いた(良い競馬をした)のはダッシャーゴーゴー
7枠15番と外の枠でしたが、上手に流れに乗って見せ場十分。横山典騎手ならではの騎乗だと感心しました。これで負けたら関係者はもちろん、応援していたファンの皆様も仕方ないと思えるほど文句のないレースぶりでは。ダッシャーゴーゴーは重賞勝利経験がありますが、このコンビではまだ勝ち星はありません。ぜひとも横山典騎手が手綱をとり重賞制覇を果たすことを期待しています。

|

« 先週の重賞レース回顧 | トップページ | 先週の重賞レース回顧 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/44667500

この記事へのトラックバック一覧です: 高松宮記念のレース回顧:

« 先週の重賞レース回顧 | トップページ | 先週の重賞レース回顧 »