« 先週の重賞のレース回顧 | トップページ | 先週の重賞レース回顧 »

2012年2月22日 (水)

フェブラリーSのレース回顧

先週は東京競馬場で、2012年初のGⅠレース、フェブラリーSが行われ、出走メンバーの中で飛びぬけた実績と安定感をもつトランセンドが、単勝1.6倍の断トツ1番人気に支持されました。

スタート直後から、鞍上の藤田騎手が押して押してハナを主張する素振りを見せたもののエンジンが全くかからず、見ていて何だかモコモコした感じで、前に進んでいきません。パドックも返し馬も、雰囲気は悪くなかったと思います。
トランセンドは逃げ、又は2~3番手でレースを進められれば好結果を出す馬ですが、今回のように前へ行けない状況に陥ると、非常に脆い部分があります。
なぜ、これまでみたいにスムーズに前へ行けなかったのでしょうか。
僕が見る限り、内枠に入った馬が予想以上に速く行ってしまい、レースの流れに乗りきれないまま、全体の位置やペースが決まってしまったからでしょう。つまり、前半のうちに自分のペースに持ち込めなかったのが致命的です。
4~5番手追走でしたが手応えも怪しく、前に行った馬たちは、騎手が手綱を引っ張って折り合いをつけているのに対し、トランセンドはあの位置を確保するのにも苦労していた様子。
何となく、気持ちが乗っていないように見えました。
ドバイ出走を控えている現在、先を見据えて大事に仕上げたのかなと思います。そう考えると、ドバイでは馬の調子も気持ちもピークを迎え、良いレースを見せてくれるのではないでしょうか。

このフェブラリーSで、トランセンドを負かすとしたらと想定し、僕が挙げたのは3頭。
シルクフォーチュンワンダーアキュートダノンカモンで、いずれも2・3・4着と好走はしましたが、残念ながら勝つまでには至りませんでした。
優勝したのは伏兵の7番人気馬、岩田騎手騎乗のテスタマッタ
折り合いに難がある馬ですが、岩田騎手は発馬直後から手綱を抑えて、折り合いをつけることにかなり気を遣っていた乗り方でした。
このような騎乗の場合、折り合いに集中するあまり、前を行く馬との距離を忘れて、思った以上に先頭と離れていってしまいます。しかしテスタマッタは、それほど前と離れずに競馬を進められ、4コーナーを回って直線を向いたときには射程圏内に入れていました。
これが勝因ですね。折り合いがついて、流れ(意識しなくともついていけるペース)も向いて、そして前との距離も差しきれる程度にしか離れていない。
テスタマッタのように鋭い脚、決め手のある馬にとっては、パーフェクトな展開でした。
2着のシルクフォーチュンも同じような騎乗をしてじつに良い脚を使ったのですが、勝ち馬が一歩前におり、同じ脚色だったために、その分だけ届かなかった感じです。
そして期待していたダノンカモン。
位置取り良く、直線に向いてもなお手応えが良い。また鞍上の福永騎手が、追い出しを我慢して上手いタイミングで仕掛けた。これ以上無いほどの騎乗だと思いますが、ダノンカモンは最後の脚がどうにもジリジリしていて…要するに、スパッと切れるタイプではありませんね。GⅠレースでこの決め脚では、相手次第ですが、勝ちきるのは難しいでしょう。
決め手勝負の展開よりも「叩き合いの地力勝負」の方が合っているかも。
切れ味鋭い馬に出し抜かれるのではなく、お互いが追って叩いて渋太さを競う、そんなレースに持ち込めれば、この馬の粘り強さが活かされて面白いですね。

|

« 先週の重賞のレース回顧 | トップページ | 先週の重賞レース回顧 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/44217502

この記事へのトラックバック一覧です: フェブラリーSのレース回顧:

« 先週の重賞のレース回顧 | トップページ | 先週の重賞レース回顧 »