« 京成杯のレース回顧 | トップページ | 根岸Sのレース回顧 »

2012年1月25日 (水)

AJCCのレース回顧

早いもので1回中山開催が終了、今週末からは東京競馬が始まります。
中山競馬最終週のメインレースはGⅡのアメリカジョッキーズクラブカップ。
今年もゴチャつかず、寂しくもない11頭という手頃な頭数。
重賞、それもGⅡともなると、やはりGⅠレースに次ぐ格で、数多くのオープン馬がぜひとも獲りたいタイトルのはず。だから出走頭数が多いのが自然ではないかと疑問に思われそうですよね。
確かに過去のAJCC優勝馬には、スペシャルウィークメジロブライトといった知名度の高いGⅠホースの名が見られます。ただ、1月のこの時期にGⅡに出走してくるような馬はそれほど多くなく、フルゲートになる年はありません。大抵が9頭~13頭の間ですね。
10頭前後の重賞レースでは、1頭に人気が集中しやすいもの。メンバーのほとんどがすでに重賞勝ちの実績があるとはいえ、今がピークのような調子の良さ や、安定した成績が残せそうな馬は限られ「抜けた1番人気」になりやすい。また実力馬が2頭の場合はまさにマッチレースで、記憶に残る名勝負となる可能性 も高くなります。
今回は約1ヶ月前の有馬記念に出走し4着の
ルーラーシップが断然の1番人気。
有馬記念では後方からの競馬で上がりは最速33.2秒の脚を使いました。これまでも3つの重賞を勝利、GⅠ勝ちこそありませんが惨敗は無い、かなり力のある馬です。

このAJCCが行われた日、馬場状態は数日間の降雨により不良。
芝のレースで馬場状態が悪化したときの騎手は、たとえ追い込み馬であっても、前からあまり離されずに騎乗することを心がけます。それはなぜか。答えは単純で、後方から進んでいって脚をためたとしても、手綱の手応えほど馬の脚が伸びてくれないからです。
馬にとって不良馬場で走ることは、想像以上に体力を消耗します。
ところがルーラーシップのレースぶりを見ると、位置は何と後方3・4番手。あの馬場であの場所にいて、本当に大丈夫なのかと疑ってしまいました。
しかし、4コーナー手前から前の集団にとりつき射程圏まで入れたあと、直線では他馬とはまるで次元が違う伸びを見せました。不良馬場をものともしない脚いろは圧巻でしたね。

鞍上の福永騎手の騎乗が上手いと思いました。
何と言っても馬の力を疑わず、自信をもって乗っていたところが凄い。
それは直線で馬場の5分どころ(走路幅の半分ほど)を通ったことを指しています。この馬の強さを心から信じていなければ、わざわざ距離のロスが大きい大外 まで持ち出すことはできません。いくら内側の馬場状態が悪くても、前を行く馬の間を割って出ることも考えているはずで、もちろんその方が戦略として悪くな い。結果的に圧勝の形でしたが、4コーナーの時点では、どのルートが良いかなんてことは誰にもわかりません。だからロスのない方を選びがちなのです。彼ら は一か八かの勝負に勝ったということでしょうね。
人馬一体という言葉がふさわしい勝利でした。

|

« 京成杯のレース回顧 | トップページ | 根岸Sのレース回顧 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/43871211

この記事へのトラックバック一覧です: AJCCのレース回顧:

« 京成杯のレース回顧 | トップページ | 根岸Sのレース回顧 »