« 朝日杯FSのレース回顧 | トップページ | 重賞レース回顧 »

2011年12月28日 (水)

有馬記念のレース回顧

2011年のJRA競馬開催は、その全てを終えました。
今年最後のGⅠレース有馬記念は頭数こそ13頭と少なめでしたが、そのうち9頭がGⅠ馬という豪華なメンバー構成で、当日引退の最強牝馬ブエナビスタや絶好調トーセンジョーダンに今年の3冠馬オルフェーヴルなど、どの馬が勝ってもおかしくないレースでした。

優勝したのは3歳の3冠馬オルフェーヴル。世代交代というよりは、今年の3歳世代ではやはりこの馬だけがズバ抜けた力を持っていることを証明しました。
逃げ馬が不在でペースが遅くなるのは必至のこのレース、案の定スタート後は誰も行かず、外枠12番のアーネストリーが押し出される形で先頭へ。このような展開では流れが速くなるはずもなく、前半1000m通過が1分3秒台と、近年でも稀なほどのスローペースとなりました。
嫌々ながらも逃げたアーネストリーの鞍上・佐藤騎手は予想以上に遅い流れに「このままのペースで進められたらイケるかも」と、希望と自信を取り戻して乗れていたと思います。
実際、前半1000mの時点では前にいる馬、無理なく逃げるアーネストリーに昨年の有馬記念覇者ヴィクトワールピサ、その外を併走する天皇賞馬トーセンジョーダン、そして1枠を活かし内々で折り合いをつけて脚をためていたブエナビスタ、この4頭の勝負だろうと確信していました。ところがそんな僕の考えをあざ笑うかのような鬼脚で、オルフェーヴルが外から鮮やかな差しきり勝ち。
前半あれだけスローペースの中、内の最後方に位置したオルフェーヴル。
普通の騎手ならば、こんなに遅くてこんな位置取りでは勝てない、それどころか掲示板に載ることすらできないと半ば諦めムードになってしまいます。
それが、向正面から上手く外に出していき、3・4コーナーから徐々に進出、直線では大外に持ち出し坂上から一気に突き抜けました。
どんなに力がある馬でも前に追いついた時点でかなり脚を使っているし、先行した馬は道中ラクにレースを進めていたため、常識的に考えると、前を行った馬とは直線でグングン引き離されてしまうところです。
流れとしては恵まれておらず、むしろ負けても言い訳できるようなものでした。
それをただ圧倒的な力でねじ伏せたという感じで、この馬の強さには驚きを隠せません。
ペースも位置取りも関係ない、現役の一流馬全てを飲み込むような走りを見せたオルフェーヴルは、すでに最強馬と呼ばれるにふさわしいと思います。

勝負になると思った前の4頭は、結果的に総崩れ。
では2着エイシンフラッシュ、3着トゥザグローリーが何故、このスローな流れで中団に位置しながらも好走したのでしょうか。それは馬群が固まったことで、直線を向いたときに決め手勝負となり、良い脚を長く使えるタイプの馬よりも、一瞬の切れる脚をもつ馬に向く展開になったからだと思います。
騎手の駆け引きや腕などにも見どころはあるのですが、それ以上に、それぞれの馬が持つ特性や能力が純粋に楽しめるレースとなりました。

来年、オルフェーヴルは海外遠征を予定しているそうですが、今回の勝ち方により夢はさらに大きく膨らみましたね。2012年の競馬界を率いていく馬として、素晴らしい走りを期待しています。

|

« 朝日杯FSのレース回顧 | トップページ | 重賞レース回顧 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/43619629

この記事へのトラックバック一覧です: 有馬記念のレース回顧:

« 朝日杯FSのレース回顧 | トップページ | 重賞レース回顧 »