« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月28日 (水)

有馬記念のレース回顧

2011年のJRA競馬開催は、その全てを終えました。
今年最後のGⅠレース有馬記念は頭数こそ13頭と少なめでしたが、そのうち9頭がGⅠ馬という豪華なメンバー構成で、当日引退の最強牝馬ブエナビスタや絶好調トーセンジョーダンに今年の3冠馬オルフェーヴルなど、どの馬が勝ってもおかしくないレースでした。

優勝したのは3歳の3冠馬オルフェーヴル。世代交代というよりは、今年の3歳世代ではやはりこの馬だけがズバ抜けた力を持っていることを証明しました。
逃げ馬が不在でペースが遅くなるのは必至のこのレース、案の定スタート後は誰も行かず、外枠12番のアーネストリーが押し出される形で先頭へ。このような展開では流れが速くなるはずもなく、前半1000m通過が1分3秒台と、近年でも稀なほどのスローペースとなりました。
嫌々ながらも逃げたアーネストリーの鞍上・佐藤騎手は予想以上に遅い流れに「このままのペースで進められたらイケるかも」と、希望と自信を取り戻して乗れていたと思います。
実際、前半1000mの時点では前にいる馬、無理なく逃げるアーネストリーに昨年の有馬記念覇者ヴィクトワールピサ、その外を併走する天皇賞馬トーセンジョーダン、そして1枠を活かし内々で折り合いをつけて脚をためていたブエナビスタ、この4頭の勝負だろうと確信していました。ところがそんな僕の考えをあざ笑うかのような鬼脚で、オルフェーヴルが外から鮮やかな差しきり勝ち。
前半あれだけスローペースの中、内の最後方に位置したオルフェーヴル。
普通の騎手ならば、こんなに遅くてこんな位置取りでは勝てない、それどころか掲示板に載ることすらできないと半ば諦めムードになってしまいます。
それが、向正面から上手く外に出していき、3・4コーナーから徐々に進出、直線では大外に持ち出し坂上から一気に突き抜けました。
どんなに力がある馬でも前に追いついた時点でかなり脚を使っているし、先行した馬は道中ラクにレースを進めていたため、常識的に考えると、前を行った馬とは直線でグングン引き離されてしまうところです。
流れとしては恵まれておらず、むしろ負けても言い訳できるようなものでした。
それをただ圧倒的な力でねじ伏せたという感じで、この馬の強さには驚きを隠せません。
ペースも位置取りも関係ない、現役の一流馬全てを飲み込むような走りを見せたオルフェーヴルは、すでに最強馬と呼ばれるにふさわしいと思います。

勝負になると思った前の4頭は、結果的に総崩れ。
では2着エイシンフラッシュ、3着トゥザグローリーが何故、このスローな流れで中団に位置しながらも好走したのでしょうか。それは馬群が固まったことで、直線を向いたときに決め手勝負となり、良い脚を長く使えるタイプの馬よりも、一瞬の切れる脚をもつ馬に向く展開になったからだと思います。
騎手の駆け引きや腕などにも見どころはあるのですが、それ以上に、それぞれの馬が持つ特性や能力が純粋に楽しめるレースとなりました。

来年、オルフェーヴルは海外遠征を予定しているそうですが、今回の勝ち方により夢はさらに大きく膨らみましたね。2012年の競馬界を率いていく馬として、素晴らしい走りを期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月21日 (水)

朝日杯FSのレース回顧

来年のクラシックを占う2歳GⅠレース、第63回朝日杯フューチュリティS。
圧倒的な強さで勝ち進んできたような、絶対的な本命は不在でした。
それでも単勝1番人気に支持された
アルフレード(鞍上ウイリアムズ騎手)が勝ち、人気実力ともに2歳ナンバーワンであることが証明されましたね。
勝因の一つはやはり、巷で言われているとおり枠番でしょう。
2枠3番の好枠から良いスタートを切り狙い通りの位置につけると、ロスが無いように内々を回り、直線では抜け出すのが多少早かったものの、ほぼ理想的なレース運びをしました。
ペースは平均で流れましたが、折り合いもしっかりついて落ち着いた走りで、性格かもしれませんが幼さをあまり感じさせません。現在の時点で他馬より完成度が高いですね。

2着に入ったマイネルロブストは、勝ち馬アルフレードの後ろにつけて、ピッタリとマークする形でレースができたことが好走の理由。
まだ若馬のせいか少し力みを思わせる走り方をしますが、そこはベテランの蛯名騎手が鞍上なので上手になだめていました。それが最後の伸びにつながったのでしょう。

3着はレオアクティブ
この馬は1・2着馬とは対照的に、後方からの競馬をしました。
テンションが高い性格なのか手綱をとった横山典騎手が折り合いをつけるのに苦労していたように見えました。もう少し速いペースになっていたら理想的だった のですが、今回はこの馬に向かない流れにも関わらず、直線大外からよく伸びてきましたね。あそこまで伸びてこれたのは、この馬の資質・能力の高さでしょ う。
折り合いの難しい馬は、ペースによって着外になるときもあれば、逆にハマった時などはまるで前を走る馬が止まって見えるほどの爆発力と強さを見せて勝つものです。
東京や新潟みたいに長い直線のあるコースなら驚異的な末脚で追い込んでくるはずと思う方がいるかもしれませんが、レオアクティブは1600m以上のレースは向かないタイプでしょう。短距離路線を進むなら、常に注目していきたい馬ではありますね。

他で注目していたダローネガは、大外16番枠に入ってしまいました。
競馬は基本的に内枠が良いのですが、特に中山の1600mの外枠ともなると、どうしても外へ外へと身体がふられてしまうため、馬にかなり負担がかかります。早めにどこかで内に入らないと、勝つための競馬をするのが非常に難しくなってきます。
ダローネガも好スタートで流れに乗り、内にスッと入ることができれば良かったのですが、実際はその反対。スタートで出負けしたため流れに乗り切れず、内にも入ることができないまま外を回らせる展開となってしまい、力を出せませんでした。
佐藤騎手は、思い描いたベストな騎乗ができずに、大舞台でこの馬の実力を見せられなかったことで悔しい思いをしていることと思います。ただ、直線での脚は見どころ十分。 今回だけで見限ることはできない力をもっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月14日 (水)

阪神JFのレース回顧

2週連続で2歳GⅠレースが行われるこの時期。いよいよ今年の競馬開催が残り少なくなってきたことを実感し、少し寂しくもありますが、2歳戦は来年のクラシックシーズンに直結するため、それ以上の楽しみがあります。

先週は阪神ジュベナイルフィリーズが行われ、福永騎手騎乗の単勝4番人気ジョワドヴィーヴルが優勝しました。絶大な人気と強さを誇る最強牝馬ブエナビスタの3歳下の半妹である同馬は、今回のレースでも当然注目を集めていましたが、さすがに1戦1勝では1番人気とはなりませんでしたね。しかし、1勝馬として抽選により出走権を獲得し、阪神JFで7枠13番に入り、2着馬との着差が2馬身半と、姉のブエナビスタと同じ勝ち方なのが面白い。姉妹ともに、強運とそれに見合うだけの力を持っているということでしょう。
ジョワドヴィーヴルはスタートして中団やや後ろにつけて、レースを進めました。逃げ馬が不在で遅くなると考えていたとおりの流れで、しかも好位で競馬をして勝ってきたメンバーが多かったために、先行集団はポジションを取り合いゴチャついていました。それぞれの騎手が「好位でレースをしたいけれど自分が逃げる状況にはなりたくない」と考え、ペースを遅くしましたが、そこはやはり即座に対応できるほどレース慣れしていない若馬。好位にいた馬はほとんどが、掛かり気味になってしまいました。

他で注目していたサウンドオブハートも、大外から抜群のスタートを切って好位にとりつくところまでは良かったものの、遅いペースにハミを噛み、前半は折り合いを欠いていた様子でした。大外枠は他馬にもまれない利点がありますが、今回のように上手くいかないときは、前で壁が作れないために馬が抑えられないという難点にもなります。
鞍上の武豊騎手がサウンドオブハートをなだめて騎乗していたのですが、どうしても落ち着くまでに時間がかかったために、それが最後の伸びに影響したのかなと思いました。それでもゴール前、最後の最後までよく頑張って粘っていたし、今回の展開と内容で3着なら、来年の出走時には大きな期待を集めるのではないでしょうか。

それにしても、ジョワドヴィーヴルはキャリア1戦の馬と思えないレースぶりでした。先行した馬とは対照的に折り合いはバッチリで、それどころか速くもない流れに対して多少おっつけ気味で追走するところなどは大物感十分。他馬にある力みが全く見られない堂々としたレースぶりに、福永騎手も余裕さえ感じられるほど冷静な騎乗をしていました。
この阪神JFの勝ち方を見る限り、大人と子どもほどの差を感じます。来年は牝馬3冠も夢ではないでしょうが、馬体はまだ成長途中で細く、今は素質の高さで勝っている印象を受けます。もっと身が入ってパワーがついてきたら、姉のブエナビスタ以上の女傑になるかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月10日 (土)

冬毛について

これから春先にかけ、冬毛のある競走馬をよく見ることがあります。犬や猫のペットを飼っている人はよく知っていると思いますが、動物は人間と違って、洋服や暖房で体温を調節することができません。ですから体毛を生やし、皮下脂肪を蓄えて寒い冬に備えます。
馬も汗をかき、皮下脂肪が少ない夏に比べ、冬が近づいてくると明らかに身体つきがふっくらとして、ひ毛(前髪やたてがみ、尾を除いた馬体全体に生える毛)が伸びてきます。皮膚も脂肪も毛も全てが厚くなっているため、普段よりもモッサリとして見えるかもしれません。

ただ、競走馬というのは、1年を通じて食生活や厩舎の温度・湿度、そして運動と徹底管理されているので、野生の動物ほど目に見えて大きな変化はありません。真冬とはいえない11月頃でも、美浦トレセンあたりの厩舎や牧場では、朝方の気温が低くなりそうな日には馬服を着せて夜を越します。これには、寒さから馬本来の防衛本能が働き、冬毛が伸びるのを防ぐ意味があります。このように競走馬は、人の手により1年中ピカピカな毛ヅヤを保っているわけです。

では、これほどまでに気を遣わなければいけないということは『冬毛がある馬は競走馬としてダメなのか?』という疑問が出てきますよね。この疑問に関して、結論から言うとダメということは無いと思います。僕も騎手だった頃、レースで数回冬毛のある馬に乗りましたが、全く走らなかったという記憶はありません。

冬毛にも許容範囲というものがあります。例えば、放牧休養明けの一戦目、もしくは二戦目であれば冬毛があってもおかしくありません。また、競走馬としての身体がまだ出来上がっていない(完成していない)馬も伸びやすいのですが、これは新陳代謝や筋肉量が関係しています。代謝が活発であればあるほど毛は伸びにくいのです。
さらに、ホルモンの影響から牝馬や去勢された馬は、牡馬よりも伸びやすい傾向にあるようです。ですから、少々の冬毛があってもダメだと決めつけずに、レース予想の際にはこうした状況を頭に入れてから検討をはじめた方が良いかもしれませんね。

ただ、冬毛が生えていること自体、あまり好ましくないのは確か。前記に「冬毛のある馬がダメというわけではない」と書きましたが、「走る馬の多くは冬毛が伸びていない」ということでもあります。
一般的に冬毛が伸びていない馬は、皮膚に美しいツヤがあり、鍛え上げられて代謝が良くなっているということですから、冬毛が目立つ馬に比べたら間違いなく状態が良い。例外があるとすれば、2歳馬で馬体が未完成でいながらも能力の高さで勝ってしまうとか、重賞で人気になるほどの実績馬でも、騎手がパドックで跨った時に「まだピリッとしてこない」と感じるような、仕上げ途上のケースなどでしょうか。冬毛の有無は、騎手にとってさほど気になることではありませんが、競走馬の仕上がり具合や体調の良さを知るうえでは目安になると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 7日 (水)

ジャパンカップダートのレース回顧

先週は阪神競馬場で第12回ジャパンカップダートが行われました。
僕は2000年、第1回のレースでマイネルコンバットという馬に騎乗しましたが、新設された大レースとあって(結果は良くありませんでしたが)とても楽しくレースをさせてもらった思い出があります。GⅠレースは乗る者にとって、大レースゆえ緊張もしますが、それ以上の高揚感があるものです。

さて今年のジャパンカップダート。一昨年の覇者エスポワールシチーと昨年の勝ち馬である現王者トランセンド、この2強の一騎打ちというのが大方の予想でした。それぞれの鞍上がどんな作戦を立て、どうやってレースを進めるのか。僕は、池添騎手が騎乗するトウショウフリークがハナを切り、その後ろに2頭が追走という展開を予想。トランセンドが2番手でその後にピタリとエスポワールシチーという形で、この2頭は高いレベルで力が拮抗しているため、自ら積極的に動くことはせず、鞍上の仕掛けるタイミングが最大のポイントだと考えていました。その牽制がはたらいていると前提したうえで、もしかしたら逃げた池添騎手のトウショウフリークの一発もあるかもしれないとも…。

しかし、実際に先頭に立ったのは、8枠16番の大外枠からゲートを勢い良く飛び出したトランセンドでした。鞍上・藤田騎手の何が何でもハナを取るという気迫を感じたのか、他の騎手は手綱を引くことになりました。戦前には大外枠を不安視する声もあったようですが、騎乗する騎手としては、それほど気にしていなかったのではないでしょうか。
なぜなら、レースにおいて騎手が気にすることは数え切れないほどありますが(例えば、馬の脚質によって内・外どちらの枠が好ましいとか、パドックで馬を落ち着かせるとか、折り合いを最優先に考えたりと様々なシーンで神経を遣います)、その一つに、非常に単純で基本的なことで「枠が奇数番か、偶数番か」があります。騎手はできれば偶数番が欲しいのです。
ご存知の通り、ゲートにはまず1・3・5…と奇数番の馬から入り、それが済むと次は2・4・6…と偶数番の馬が入ります。そして、外枠の偶数番がゲートに納まった瞬間にスタートが切られます。つまり、初めの方に入った奇数番の馬は、スタートまでの待機時間が長い。タイミングを窺いつつ、大人しくしていられる馬ならば良いのですが、ゲートはあまりにも狭く馬にとっては不快そのもので、少しは動いてしまうのが当たり前。首をブンブンと振っている馬が、たまたま首を上げたときにスタートを切られてしまったら、そこでもうダッシュがつきません。スタートでの僅かなタイミングのズレは、レースでは致命的ともいえます。その点、大外の偶数番は入った瞬間にゲートが開くため、非常にタイミングが取りやすいのです。今回のトランセンドもそうでした。
ただ、勝因としてはスタートが良かったことも大きいですが、それ以上に何といっても藤田騎手の好騎乗に尽きます。競馬でハナを主張するときは、今回の藤田騎手のように、他馬に対して絶対に譲らない姿勢をアピールするのはとても重要です。その姿は周りのものを怯ませ、「無理に競っていったとしても、ハイペースになって共倒れになるだけで良いことなどない」と判断させます。こうして完全に藤田騎手がレースの主導権を握り、上手くマイペースに持ち込みました。この時点で藤田騎手の仕事は終了という感じですね。あとはトランセンドの能力次第であり、その能力というのがやはり他馬より優れている以上、今回の2馬身差の圧勝は当然の結果といえるでしょう。

2着にハナ差負け、3着に終わったエスポワールシチーですが、相手はただ1頭・トランセンドだけと意識した佐藤騎手の乗り方は100点満点と言ってよいでしょう。佐藤哲騎手も、これで負けたら仕方ない。トランセンドの方が戦略の点で一枚上手だった上に2馬身も開いてしまっては完敗を認めざるをえません。
また、注目していたトウショウフリークは、ハナを奪うこともできずに15着と惨敗。これまで先頭で逃げ切り、または粘って2着と好走していましたが、逃げられないことによりこの馬の脆さが出てしまったように思います。トランセンドの内枠に入れたのだから、トランセンドを見る形でハナを主張できたはずだけに、少し残念な気持ちが残ります。
競馬において勝つのはただ1頭であり、それ以外の馬は全てが敗者。ただ、負け方にも、例えば脚質の幅が広がり次につながるレースができたとか、自分の競馬に持ち込めたなどの、次走に希望があるような納得できる負け方があります。勝てないまでも、トウショウフリークには今までどおりのレースをして欲しかったと思います。もしも池添騎手が逃げていれば、さぞかし痛快で盛り上がるレースだったでしょう。

今回のレースの主役は藤田騎手。彼の気合と気迫に飲み込まれてしまいましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »