« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月30日 (水)

ジャパンカップのレース回顧

今年もあと1ヶ月を残すところとなり初冬の寒さを感じるこの頃ですが、競馬の世界ではまだまだ熱い戦いが続きます。先週は府中での2011年最後のGⅠレース、第31回ジャパンカップが行われました。

30年前の1981年に第1回を迎えたジャパンカップ。当時の僕は、まだデビュー2年目、△(2キロ減)の見習い騎手です。
騎乗したのはゴールドスペンサーという馬で浦和競馬から秋に中央入りしたばかりでしたが、第1回浦和記念を勝ち、現在では統一JpnⅠ(その頃は南関東の古馬最強馬決定戦)の川崎記念を2連覇するなど関東で名を馳せた馬。またジャパンカップ前走の1981年、天皇賞・秋でも、マッチレースを繰り広げたホウヨウボーイモンテプリンスの3着に好走。
そのためジャパンカップでも、4番人気に支持されていました。しかし、これほどの大レースに、よく20歳そこそこのアンチャンを乗せてくれたものだと、馬主さんはじめ師匠の中尾銑調教師など、今も全ての関係者の皆様方に対し感謝の気持ちでいっぱいです。
あまりにも昔のことなので、その時の心境やレースぶりはよく覚えていませんが、外国馬の戦車のような逞しさや圧倒的なスピードに衝撃を受けた記憶はあります。結果は4着まで外国馬で全く歯が立たずに敗れた日本馬ですが、その後わずか3年後にカツラギエースが日本馬として初めて勝ち、そしてあれから30年が経過した現在は、海外のトップレベルの馬と勝負できるほどになりました。

特に今年のジャパンカップは心躍るメンバー構成で、非常に待ち遠しく感じていました。最強牝馬ブエナビスタ、ドバイワールドC制覇以来のヴィクトワールピサ、天皇賞馬ジャガーメイルトーセンジョーダン、ダービー馬エイシンフラッシュなど幾つもの世代の強い馬に加え、今年の凱旋門賞馬デインドリームも参戦し、どの馬が勝っても不思議ではない状態で、レース当日を迎えるまでの数日間は本当に予想するのが楽しかったですね。

そして、1着でゴール板を駆け抜けたのは、昨年と同じくブエナビスタ。昨年は残念ながら降着により2着となりましたが、今回は文句のない完勝です。
鞍上の岩田騎手はコンビを組んでからの3戦は勝ち星がなく、しかも前走の天皇賞・秋では海外のレースを除いて初めての馬券対象外である4着に敗れてしまい、このジャパンカップに挑む彼の意気込みはどれほどだったのでしょう。これまで「一番強い馬はブエナビスタ」と言い続けてきた岩田騎手ですが、3戦して満足を得られる結果は残せなかった。春からずっと、次こそは必ず勝つと心に誓いながらも敗戦を重ね、そのたびに悔しさと名馬に騎乗することの重圧をいやというほど味わってきたに違いありません。
レースでは1枠2番の内枠を生かして上手く乗り、前走の天皇賞時とは違って直線はとてもスムーズに外に出すことができて、そのタイミングも絶妙。2着トーセンジョーダンとはゴール前に叩き合いにこそなりましたが、圧倒的な存在感と力でねじ伏せるような着差以上の強さを示しました。人馬ともに素晴らしいのひと言です。
次走の有馬記念で引退とのこと。これだけ強い馬がターフを去るのは寂しく思いますが、ファンの目と記憶に残るような力強い走りを見せてほしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月23日 (水)

マイルCSのレース回顧

戦前より大混戦が予想されたマイル王決定戦、第28回マイルチャンピオンシップが京都競馬場で行われました。
前日からの雨で馬場発表は不良、ただしメインレース発走までには稍重まで回復。今回のように不良馬場から徐々に回復し、稍重、もしくは良と発表されるときと、パンパンの良馬場だったものが、当日の降雨により稍重にまで悪化する場合では、同じやや重でも馬場の状態は全く異なっています。
不良からの回復時は、比較的、外が有利な展開になりやすい。これは芝がそれほど荒らされていない外の方が、芝が剥がれている上に馬に踏まれてグチャグチャの内側よりも回復が早いためです。逆に良馬場からやや重になるときは、伸びやすい傾向にある内側がどうにか耐えられる状態を保っているということで、内が有利だとの認識が騎手の間にはあると思われます。

今回のマイルCS。京都競馬場は不良~稍重のため、当然外が良いはずですが、なぜかこの日に限り、内が伸びて外差しが決まらない馬場になっていたようです。当日のレースに騎乗していた騎手たちは、これまでの経験や実践に基づく「競馬の常識」が揺らぐような感覚に陥ってしまい、判断が難しかったのではないでしょうか。思い描いていたレース展開、作戦などを、また新たに練りなおすかどうか。騎手としての決断力、センスを問われる一戦となりました。
そして、レース本番。好位から抜け出し優勝した単勝5番人気エイシンアポロンは3枠5番、2着に好走の横山典騎手騎乗フィフスペトルは1枠1番。両者とも内枠を活かしコースロスなく進め、この日の京都競馬場の特性である「内が伸びる稍重の馬場」を読みきった、完璧な騎乗でしたね。
エイシンアポロンの鞍上・池添騎手は、手綱をとる予定だった田辺騎手の騎乗停止で、急遽乗ることが決まりましたが、代役とは思えない堂々としたレースぶり。デイリー杯2歳Sから朝日杯FS、そして皐月賞までコンビを組んでいたので、特徴をつかんでいたということもあるでしょうが、何と言っても池添騎手は今年GⅠレース5勝目を挙げた3冠ジョッキー。ノリにノッています。

3冠を達成したことで、競馬に対する自信がかなりついてきたのでしょう、レースを観ていても、どっしりと構えた騎乗をしていて隙が見当たりません。何をどう乗っても上手くいく力を身につけたような気がします。横山典騎手がロジユニヴァースに乗り日本ダービーを制したときも、それ以降しばらく絶好調の時期が続き、何をやっても良い方に行く、どんな戦法でも勝てる、そんな無敵状態の雰囲気を醸し出していました。
大レースの中でも、ダービーを勝つということは、それだけ騎手にとっては成長と自信とプライドをもたらしてくれる価値があると僕は思います。今の池添騎手は、毎週のレースに騎乗することが楽しくて仕方ないのではないでしょうか。エイシンアポロンはこれまでにも重賞を2勝している実力馬で、最近は特に調子が良く、今回の勝利に文句などありませんが、やはり勝因として池添騎手の存在は欠かせません。この馬場状態でこの乗り方をした池添騎手の決断力・行動力、そして強運と自信をもった騎乗がもたらした勝利だと思います。

2着フィフスペトルの横山典騎手も同じく素晴らしい騎乗でした。あれだけ完璧な乗り方をして、それで負けたのなら仕方ないとしか言いようがありません。今回あまり評価が高くなかったため悔しさを感じていた関係者にとっては嬉しい内容だったのでは。

1~3番人気馬が全て馬券に絡むことなく敗れたこのマイルCS。しかしレースを振り返ってみると、馬は十分に力があり納得の好走だったし、何より1・2着馬の騎手の好騎乗が見られたことでとても気分が良い。元騎手としては、なかなか見応えのある面白いレースでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月16日 (水)

エリザベス女王杯のレース回顧

昨年の覇者スノーフェアリー、オークス馬アパパネサンテミリオンエリンコート、秋華賞を勝ち好調を維持するアヴェンチュラ、安定感抜群のホエールキャプチャ。そして、今年の牝馬3冠制覇間違いなしと言われたレーヴディソールの復帰戦でもあり、例年以上に好メンバーが揃って、見応えのある素晴らしいレースでした。

優勝はイギリスのスノーフェアリー、昨年に続きエリザベス女王杯連覇です。昨年の鬼脚は実に衝撃でしたが、今回も”世界の剛脚”と呼ばれるのが納得の走りを見せてくれました。

3枠6番に入った昨年のレースでは、1番人気・日本最強牝馬アパパネをマーク。スノーフェアリーより内にいたアパパネが勝負どころで外へ進路を取ると、すかさずインを突いて、鮮やかに抜け出しました。
続く今年は、8枠18番の大外。京都外回りの2200mコース、それほど枠による有利・不利は無いと思われますが、僕は、競馬というのは絶対的に内枠が有利との考えを持っています。しかも1番人気。マークすべき馬を何にするのか。鞍上のムーア騎手がどのような乗り方をするのか。非常に興味深く、楽しみに観ていましたが、期待以上の上手いレース運びで愛馬を勝利へと導きましたね。
スタート後、無理に好位を取りにいくことをせず前半は流れに任せ、後方から進みました。そして3コーナー、インが開いていることを確認すると、すぐさま進路を内へと変え、直線で抜け出すときが来るまでじっと我慢。そして、前の馬たちが馬場の良い外へと顔を向け始めると、自然にスノーフェアリーの前が開き、その後ムーア騎手が追い出すと、一気に馬群を割って突きぬけました。

開催場の京都競馬場は2開催続き、あと1週を残すだけ。芝の生育が遅れる時期に7週もの間、馬場を使用すれば、内側は悪くなるのは当然です。レースで外からの差しが決まる傾向になってくると、騎手は内を避けて馬場の良い外に出すレース運びをするのがセオリー。今回のエリザベス女王杯も、2番手でレースを進めたホエールキャプチャを除き、他馬は皆、内を嫌い馬場の4分・5分どころまで出していました。
そんな中、逆にスノーフェアリー鞍上のムーア騎手は、進路を内にとりました。外に出す行為が良い・悪いという意味ではなく、例えばJRA騎手にとって悪い(不利または勝機がない)と思うところでも、ムーア騎手は悪いと感じていない点に気付きました。
これは感覚の違いですね。普段ムーア騎手が騎乗している競馬場の馬場と日本の馬場では、芝の種類や状態、管理の仕方がかなり違うのではないかと思います。判断力や行動力もさすがのひと言で『どこを通れば勝利に最も近いか』との考えに基づいて騎乗しているようでした。過去の経験やデータを否定するつもりはありませんが、時には思い込みを捨ててレースに臨むことも良い結果につながると、ムーア騎手に教えてもらった気がします。

日本馬で人気を集めた岩田騎手騎乗アヴェンチュラは、少し勿体無いレースをしました。前が開くと確信して内を狙い、GOサインとともに抜け出してきたスノーフェアリーの剛脚、ムーア騎手の豪腕は確かに素晴らしいけれど、アヴェンチュラも力では負けていません。最後に外へ出したことでロスがあったのは、日本人騎手として仕方の無い選択だったと思います。ただ、その後の追い方で、少々粗削りな面が見られたことだけが惜しいですね。
もちろん、あれほどの実績を持つベテラン騎手ですから、レースにおける勝負勘や度胸などは申し分ありませんが、あまりに無我夢中に追ってしまう印象を受けます。『馬に余計な負担を与えずに真っ直ぐ走らせる』、その基本的なことを心がけて乗っていたら、ゴール前の叩き合いで際どい勝負が見られたのではないかと思います。

スノーフェアリーの強さとムーア騎手の大胆で緻密な騎乗を堪能するとともに、日本人騎手がこれから目指してゆく騎乗のあり方を考えさせられるレースでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 9日 (水)

先週の重賞レース回顧 ~AR共和国杯・みやこS~

秋のGⅠシリーズ、先週はひと休み。東京競馬メインレースは第49回アルゼンチン共和国杯(GⅡ)でした。
優勝したのは安藤勝騎手騎乗のトレイルブレイザー。管理調教師はまたまた池江師、これで3週連続の重賞勝利です。どの厩舎でも管理馬の状態・適性などで戦略を立て、その馬の出走レースを決めているのでしょうが、準オープン馬、いわゆる格上挑戦のトレイルブレイザーがこうも上手くハマると笑いが止まりませんね。
今回の勝因は、斤量に恵まれた(というより始めから軽ハンデを狙って出走してきたのでしょうが)こともありますが、やはり安藤勝騎手の判断の良さでしょう。思ったよりもスローな流れの中、早め早めのレースを心がけていたようでした。良馬場とはいえ雨模様の週末で少しゆるくなっており、後方一気の競馬をしては届かないと考えたのか早めに動き出し、直線に向くと先頭に並びかけ後続を突き放しました。
安藤騎手が、前回トレイルブレイザーに騎乗したのは目黒記念。そこで追い出す機会をうかがいながら慎重に進んでいく乗り方をしたところ、GOサインを出したときには馬の反応が薄くなっていたそう。この馬にとって最適な追い出しのタイミングを逃してしまったとの思いが残っていたために、今回の騎乗が生まれたのでしょう。前走の経験を次に活かし、騎乗馬の性格や特徴をしっかりと手に入れている、ベテラン騎手ならではの良いレースが見られましたね。

そして、京都競馬場ではダート重賞、第2回みやこSが行われ、断然の1番人気に支持された佐藤騎手騎乗のエスポワールシチーが圧勝。
2009~2010春まで無敵の強さを誇った時期に比べて、最近は目立たなかった同馬も、さすがにこのメンバーでは格の違いを見せつけてくれました。現在のダート界は先日JBCクラシックを連覇したスマートファルコンに、ジャパンカップダート・フェブラリーSのJRAのGⅠレースを連勝しドバイワールドC2着のトランセンドと非常に強い馬がいますが、やはりエスポワールシチーが加わると、レースに厚みが増して盛り上がるでしょうね。
JRA・地方・世界と活躍の場が広いためか、実に多くのファンがこのダート馬たちを応援しています。生産や馬主がそれぞれ違うのも個性的で、ドラマや魅力を感じるようです。もしも3頭が同じレースに出走してきたら、ファンにとっていつまでも記憶に残る、素晴らしい勝負が観られるのではないでしょうか。実現することを期待しています。

あと、今回のみやこSで2着のトウショウフリークも、その走りが目を引きました。これまで逃げを武器に5連勝し、重賞初挑戦。ハイペースで逃げていながら最後まで脚があがることなく、着差こそ大きいですがエスポワールシチーの2着に粘る好走。鞍上の池添騎手がこの馬を気分良く、上手く走らせているのも良かったと思います。エスポワールシチーの強さが目立つレースでしたが、トウショウフリークも本当に先が楽しみで、いずれ大レースでも人気を集めるほど成長してくれそうです。これから注目したい一頭ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 2日 (水)

現代の日本競馬に思うこと

天皇賞・秋が東京競馬場で行われました。優勝したのは単勝7番人気、イタリアのピンナ騎手騎乗のトーセンジョーダン。豪華メンバーが揃ったうえに、勝ち時計は1分56秒1の日本レコード。迫力と見応えたっぷりのレースが観られましたね。

ちなみに、このトーセンジョーダンを管理するのは、前週、オルフェーヴルでクラシック3冠制覇を果たした池江厩舎。その他にもオープン馬がズラリと並ぶ西の一流厩舎です。また、2着に好走したダークシャドウを管理するのは東の雄・堀調教師。さらに、天皇賞には管理馬が出走しなかったものの、ヴィクトワールピサウオッカで凄まじい実績を挙げ続けている角居調教師など、現在は40代の若き調教師たちの勢いが凄い。今はもちろん、これから10~20年先までの競馬界をもリードしていきそうな勢いがあります。

ただ、そんな快進撃を続ける人がいれば、同時に低迷に苦しむ人がいることも事実。調教師(厩舎)もそうですが騎手の世界においても同じ。上位と下位の成績は、まさに天と地。
昔はそれほど大きな差は感じませんでしたが、時代が変わった今は当たり前なのでしょう。優秀な成績を挙げる厩舎には大手牧場・大手馬主の良血馬が次々と所属し、どんどん勝利を挙げますが、大手との付き合いが薄い厩舎は、良血の素質が高い馬はどうしても少ない。新馬・未勝利から重賞まで、あらゆるクラスの賞金が上位厩舎に入るため、下位の厩舎は本当に苦しい思いをしています。

優れたものが勝ち、劣るものは淘汰される。勝負の世界である以上、努力した人は報われて当然です。それでも、昔も昔なりに羽振りの良い馬主が居てくれる厩舎はありましたし、様々な血統やタイプの馬や、個性的な騎手が各厩舎にいて交じり合い、競い合う時代だったので、皆に等しくチャンスがあったと思います。
時代や景気に左右されるとはいえ、道楽として馬を持つ個人馬主や、自分の牧場に継がれてきた血統にこだわるオーナーが減りつつある現在、投資や商売の対象として勝てる馬だけを扱う流れになると、あまりにも偏りが出て、面白みがなくなる恐れがあります。
『ギャンブル』としての立ち位置以上に、競馬ファンが愛してきた血統やそれにまつわるロマン。生産者のこだわり、馬と人の絆、騎手の想いなどの要素が薄れてきているのは、競馬ファンの人たちも感じていることではないでしょうか。

多くの競馬関係者が競馬界に閉塞感や危機感を抱いており、打破するための方法を考えていますが、僕は大手が中心になって進めていくのではなく、立ち止まってほんの少しの手助けをしてくれるのが良いと思っています。今まで限られた厩舎・騎手に与えていたものを、少しずつ周りに配分するだけ。大手としての自覚や責任を持ち、競馬界全体のためになる行動を期待しています。

僕がまだ若かった頃は、騎手が年間100勝するなんて夢のまた夢。岡部さんに増沢さん、柴田政人さん。それからしばらくして、武豊に横山典弘とこの大記録を達成しています。100勝するジョッキーというのは、その時代を代表し、誰もが認める『トップジョッキー』であり、年に1人か2人、多くても3人ほどの選ばれた者だけに許される称号でした。
しかし、この10年ほどは、毎年5人前後、多い年には9人もの年間100勝騎手が出ています。これはレース数が大幅に増えたわけではなく、それだけ有力馬が上位騎手に集まり、下位騎手に良い騎乗馬が回っていないということが一つの要因として考えられます。
現役時代の僕はお世辞にもトップレベルとは言えない騎手でしたから、妬みにしか聞こえないかもしれないし、確かに自分が『勝ち組』だったならば、このような疑問や不満など全く持たずに生きていたかもしれません。ただ、勝ち組だらけの世界などあり得ません。様々なタイプの人間がいてこそ、トップジョッキーが輝くのです。

それと、気になるのは外国人騎手の存在。外国人騎手が悪いという意味ではなく、単発でGⅠレースの騎乗依頼をしたり、あるいはGⅠの前哨戦だけは日本人騎手で本番は外国人など、乗り替わりの多さが目に付きます。
この天皇賞・秋も、外国人騎手の1,2着でした。海外のトップジョッキーが見られて嬉しい気持ちもありますが、やはり、以前からコンビを組んでいる騎手が騎乗する方が盛り上がるし、それが日本競馬の良さでもあると思います。競走馬のファン、騎手のファンなど応援する方法は人それぞれ。それでも馬と騎手がともに成長し勝利を掴む姿、人はこれに一番惹きつけられるのではないでしょうか。

海外にも通用する強い馬作りを目標に、長い間、競馬関係者は多くの汗と涙を流しました。そして今、世界トップレベルのGⅠレースで勝てるまでになりました。その思いや技術は、競馬に携わる全ての人の努力の結晶であり財産です。あとは原点に戻って、離れつつある競馬ファンの心を掴むことに力を注いでいってもらいたいと思います。
昔の騎手は、馬主・調教師(師匠)理解と支援により育てられました。競争なくては進歩がないのは分かりますが、厳しい冬の時代を迎えようとしている今の競馬界こそ、温かさが必要。人と人、人と馬の結びつきが感じられる、そんな競馬を再び観ることができたら幸せ。

現役を離れた今、僕が強く感じていることです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »