« 秋華賞のレース回顧 | トップページ | 現代の日本競馬に思うこと »

2011年10月26日 (水)

菊花賞のレース回顧

牡馬クラシック最後の一冠、菊花賞。
皐月賞、日本ダービーを制したオルフェーヴルが優勝し、2005年ディープインパクト以来の三冠馬の誕生となりました。

騎手がレースにおいて最も重視しているのは『折り合い』。長丁場になればなるほど、この折り合いが大事になってくるのですが、菊花賞が行われる京都3000mのコースは、それが非常に難しいのです。
スタート地点が3コーナー手前にあるために、スタートしてすぐに長い下り坂に入らなければならず、さらに1周目スタンド前ではファンの大歓声が待ち受けています。この時点で、ほとんどの馬がハミを噛んで折り合いを欠いてしまいます。
スタートでゲートを出るということは、馬に対して「さぁ、走ろう」との合図。特に外枠に入った場合、騎手は若干出し気味に馬を動かすわけですから、馬は走る気が高揚します。しかも下り坂でスピードが出やすく、オーバーペースの恐れがある状況に加え、繊細で神経質な動物である馬が、興奮状態に陥ってしまう大歓声。これら厳しい条件の中を、騎手はいかに上手く調整しつつ進むことができるかどうかが、菊花賞を勝つためのポイントとなります。

オルフェーヴルも多少はハミを噛むところがありましたが、我慢して1周目の1コーナーに入る手前ではハミが抜け、とてもラクに走っていたように見えました。
菊花賞翌日、ラジオ番組や知人(関係者ではない競馬ファン)との会話で、オルフェーヴルのレースぶりについて「1周目のアソコ。掛かってたけど、よく持ち直したよね」「池添騎手がうまく抑えて、まさに人馬一体だった」という内容の会話が耳に入りましたが、京都3000mコースがどういうものかよく知っている関係者はもちろん、ファンの方にとっても普通ですよね。
あのコースで競馬をすれば、馬が行きたがるのは当たり前のこと。オルフェーヴルだけが掛かって、オルフェーヴルだけが我慢したのではありません。ほとんどの馬がそうであり、それを制御するのが騎手。人馬一体で当然なのです。
ただ、レースぶりに関して言えば、オルフェーヴルは別格。仕掛けどころで外から上がっていき、直線に入るときには前を行く馬を易々と捕らえて先頭に立ち、その後はもう独壇場。誰からも文句が出ない、堂々たる勝ちっぷり。三冠馬に相応しい、横綱相撲を見せてくれました。

また、池添騎手の精神力にも脱帽です。トライアルを勝ってから菊花賞のゲートに入るまでの間、彼はどれだけの重圧を感じていたのか。騎手にとって三冠というのは夢の夢、思いもよらないことで、元騎手の僕でさえ計り知れないほどの重さを感じています。
レースに勝つための展開やイメージを、何十回何百回も繰り返し頭に描いたのでは…。時には、負けてしまうパターンも浮かんできてしまい、いやな思いをする夜もあったのではないでしょうか。
菊花賞のゴールを1着で駆け抜けた瞬間は、ダービー制覇の時とはまた違う高揚感と喜び、そしてそれまで背負っていた、重い荷物から解き放たれた清々しさを感じたと思います。その直後に振り落とされて、すぐに疲れが押し寄せていたようでしたが(笑)。若い池添騎手とやんちゃなオルフェーヴル、完全無欠というよりも爽やかで微笑ましいこのコンビ、心から応援したくなりますね。

今回はオルフェーヴルの強さだけが際立つレース。勝利にケチをつけるつもりは毛頭ありませんが、他の馬があまり骨っぽく感じられなかったのも確かです。次走、ジャパンカップか有馬記念のどちらかに出走する可能性もあるでしょう。強い4歳世代、さらに百戦錬磨のベテラン世代と戦ったその時に初めて、三冠馬の真の輝きが見られるのではないかと思っています。

|

« 秋華賞のレース回顧 | トップページ | 現代の日本競馬に思うこと »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/42688408

この記事へのトラックバック一覧です: 菊花賞のレース回顧:

« 秋華賞のレース回顧 | トップページ | 現代の日本競馬に思うこと »