« 先週の重賞レース回顧 ~セントライト記念・ローズS~ | トップページ | スプリンターズSのレース回顧 »

2011年9月28日 (水)

神戸新聞杯のレース回顧

秋のGⅠシーズンが近づき、前哨戦が目白押し。先週は阪神競馬場で菊花賞トライアル・神戸新聞杯が、中山競馬場では天皇賞・秋を見据えたオールカマー。次走のためにも目が離せないレースが続きます。

今回の注目馬はやはり、神戸新聞杯に出走したオルフェーヴルでしょう。
ダービー勝利から夏を越して秋初戦、単勝1.7倍の断然人気。どんなレースをするのか、どれだけ大人になったのか、楽しみに観ていました。
皐月賞、ダービーを制した2冠馬とはいえ、その2戦ともに、この場所から届くのかと不安になるようなポジションでレースを進めて、最後は直線一気の差し切り勝ち。勝ったから良いものの、見ている者にとってはヒヤヒヤさせる競馬をしていました。
しかし、今回は無難なスタートから4、5番手につけると、速いペースにもかかわらずピタッと折り合って、直線は持ったままで抜け出す圧勝、完勝。直線の走りを観て『強い』という以外の言葉は出ませんでした。もしも本気で追っていたら、一体どれだけの脚を見せてくれたのか…。とにかく強い馬です。
スタートが決して上手い方ではないため、軽い脚が使えずやや後方からの競馬をする以外に作戦が無かった春とは違う、文句なしのレースぶりに進境が窺えました。名実ともに2冠馬としての貫禄を持つ今、3冠はもう目の前といえるでしょう。
鞍上の池添騎手も、愛馬に対する絶対的な信頼か、それともダービージョッキーとしての自信からなのか、余裕を感じさせる雰囲気がありました。人馬ともに成長し、気合十分で挑む菊花賞。とても楽しみです。

単勝2番人気ウインバリアシオンは、ダービーに続いてオルフェーヴルの2着。
手綱を取った安藤勝騎手は当然、オルフェーヴルをマークする形でレースを進めました。勝つためには最良の騎乗だったと思いますが、直線の脚色は良かったものの、グングンと勝ち馬に引き離され、力の違いを見せ付けられてしまいましたね。ただ、折り合い面は問題なく、休み明けのレースとしては満足の出来だと思います。

3着には3番人気、3戦3勝でラジオNIKKEI賞を制したフレールジャックが入りました。
デビューからこれまでのレース全てが1800mということから、今回は距離が延びてどんな感じかと様子を見ていましたが、やはり道中は折り合いに少々苦労していたようで鞍上の福永騎手も「どこかでハミを抜いてくれたら良いのだけど…」と困っていた様子。次走は菊花賞に向かうかは関係者の判断ですが、おそらく3000mには適さないのでは…。僕個人としては、2000mまでのレースで活躍できる馬ではないかと思っています。
ただ、後ろの位置から、直線だけで3着に突っ込んできたあの脚は素晴らしい武器。調子が良いのはもちろん、地力が高い証明です。

人気通りの決着となった神戸新聞杯。本番の菊花賞でもオルフェーヴルが人気を集め、次いでウインバリアシオンとなるでしょうが、他の馬が食い込む余地があるのかどうかがポイント。他馬の状態もしっかりと見極めていきたいものです。

|

« 先週の重賞レース回顧 ~セントライト記念・ローズS~ | トップページ | スプリンターズSのレース回顧 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/42085130

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸新聞杯のレース回顧:

« 先週の重賞レース回顧 ~セントライト記念・ローズS~ | トップページ | スプリンターズSのレース回顧 »