« 関屋記念のレース回顧 | トップページ | レパードSのレース回顧 »

2011年8月17日 (水)

先週の重賞レース回顧 ~クイーンS・北九州記念~

先週は、札幌競馬場でクイーンS、小倉競馬場では北九州記念が行われました。
まずクイーンS。昨年のオークス馬サンテミリオン、重賞2勝ショウリュウムーン、昨年のクイーンS勝ち馬アプリコットフィズなど、秋のGⅠレースを目標にする牝馬が揃い、メンバー的に面白い一戦となりましたが、そんな中でも前走の勝ちっぷりを買われたアヴェンチュラが実績馬たちをおさえて1番人気に支持され、見事その期待に応えました。
中団を進んで3コーナー過ぎから外側を上がってきましたが、ここで鞍上の池添騎手がすでに尻ムチを使うほどの怪しい手応え。その時点で僕は「負けるだろう…」と正直思ってしまいました。
しかし、直線に向いてからが渋太く、2着のコスモネモシンに一度は抜かれたものの、再び盛り返してゴール。着差以上の強さを感じる勝利でした。斤量が52キロと軽かったとはいえ、並みの馬なら差されて戦意をなくしてしまいそうな場面でも抜き返すタフな根性と身体の強さが、とても印象的でした。

そして、一方の北九州記念ですが、このレースは田辺騎手(エーシンヴァーゴウに騎乗)に注目して見ていました。
美浦所属の騎手が、関西圏で行われる重賞で1番人気馬に騎乗するのは、よくあることではありません。田辺騎手は今年、飛躍的に勝ち星を増やし、一時は関東リーディング1位になるほどの活躍ぶり。栗東の調教師とも信頼関係が築けているのでしょう。

騎手はレースの前日、調整ルームで缶詰状態になります。そこには翌日レース分の競馬新聞が各紙、多数置いてあり、騎手はそれを見て同じレースに出走するメンバーや自分の騎乗する馬の脚質、天候や馬場状態など様々なパターンを予測し、作戦を練ります。
おそらく田辺騎手もこのように考えに考えて、当日はレースに臨んだのでしょう。ですが、このメンバーを見れば、ハイペースになるのは容易に考えられること。それなのに、逃げ争いをしている3頭の直後につけて追走していたことは少し理解できません。

このペースの中を追走し、直線で先頭に出ようとまでしたエーシンヴァーゴウは、力の違いを見せつけた形にはなりましたが、やはり速い流れで脚は残っておらず力尽きての3着。結果、後方で脚をタメていたトウカイミステリーに足をすくわれてしまいました。
トウカイミステリーの鞍上・北村友騎手はデビュー6年目とまだ若手ですが、デビュー年からずっと優秀な成績を挙げています。今回の勝利は展開がハマッたことが大きいとはいえ、8枠15番と外枠ながら、馬を外へ出さずに上手く騎乗していましたね。

対する田辺騎手は、もう少し落ち着いた騎乗をして欲しかったと思います。デビューからちょうど10年目の今年はブレイクし、これだけ勝ち星を挙げている騎手。それでいながら重賞タイトルは、今年になり勝った1つのみ。
この馬に乗るために小倉まで行き、1番人気を背負ったことで、何としても勝ちたいという思い・気負いみたいなものが、もしかしたらレースで焦りとして現れたのかもしれません。改めてこの馬の強さが分かる走りだっただけに、その負け方が悔やまれます。これからまだチャンスはあるでしょうから、今回、どうして負けたのかよく考えて、次に生かしてもらいたいものです。

|

« 関屋記念のレース回顧 | トップページ | レパードSのレース回顧 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/42010444

この記事へのトラックバック一覧です: 先週の重賞レース回顧 ~クイーンS・北九州記念~:

« 関屋記念のレース回顧 | トップページ | レパードSのレース回顧 »