« レパードSのレース回顧 | トップページ | 秋競馬開幕に向けて… »

2011年8月31日 (水)

新潟記念のレース回顧

虫の声が、暑かった今年の夏もそろそろ終わりを告げる8月最終週の新潟記念。
前週のレパードSを制した武豊騎手が再び新潟競馬場に参戦し、単勝5番人気ナリタクリスタルを優勝へと導きました。同馬は幸騎手を鞍上に勝利した昨年の同レースに続き、47回目を迎える新潟記念でも初めてとなる連覇を果たしました。
競走馬は、それぞれが大なり小なり「クセ」を持っていますが、例えばレースで、先頭に立ち逃げることで良い味を出すタイプと、先頭に立つと目標を失ったためにソラを使い、能力を出し切れないタイプがいます。
ナリタクリスタルの場合はソラを使うタイプのようで、早めに先頭に立つと気を抜くところがあるらしいのですが、クセを熟知している武豊騎手は、好スタートから先頭になりかけたときに他馬が来るのを待っていた様子。じっとしていたところ、サンライズベガが来たためすんなりと先に行かせました。

逃げた馬のペースはスローで、その2番手につけられたことも勝因の一つでしょう。
さすが武豊騎手だと感じたのは、直線に入っても手応えは十分過ぎるほどであるにもかかわらず、早めに抜け出すことなく我慢していた点です。残り100mあたりから逃げたサンライズベガをクビ差かわしゴール。着差は僅かなものですが、確実に他馬より先にゴールすれば、何馬身つけようと関係ありません。
この僅かな差というのも騎手の腕。先頭に立ちながらもグングンと突き放す追い方はせずに、横の馬と競り合いを演出することで馬に気を抜かせずにレースに集中させていました。

以前、小倉記念でナリタクリスタルに騎乗した武豊騎手について触れたことがあります。
1番人気に支持されながらレースはそれまでより明らかに後方すぎる位置取りで、そのまま鞍上が何もせずに終わってしまったことで、1番人気馬に乗っている騎手の騎乗ではない、勝つための気持ちが感じられなかったと書きましたが、今回は前週のレパードSに続いて、武豊騎手らしい騎乗を見せてもらいました。
若手の台頭や地方出身騎手の活躍で、以前のようには目立っていなかった彼ですが、やはり競馬ファンにとっては絶対的なスターであり、騎乗すれば実力以上の人気を得る騎手。まだまだこれからも、鮮やかな手綱さばきで観る者を魅了させてもらいたいと思います。

そして、3着のセイクリッドバレーに騎乗した丸山騎手も良かったですね。
前走の関屋記念では、小倉記念のナリタクリスタルと同じように1番人気に推されながら5着に敗れましたが、その時の丸山騎手の、最後方に位置し、それでいて末脚勝負に徹するわけでなく、いかにもな早仕掛けで脚を使ってしまった何とも中途半端な騎乗ぶりに不満を覚えました。
この新潟記念は、内側のとても良い位置につけてじっと抑えながら追走、慌てることなくベストのポイントで仕掛け出し、それは丸山騎手が前回のミスをふまえてよく考え、かなり冷静に乗っていたことがわかるものでした。
こうして前回の騎乗を次につなげられることができる若手騎手は、どんどん成長し上達していくはずです。とても楽しみな騎手の一人として見ていきたいと思います。

|

« レパードSのレース回顧 | トップページ | 秋競馬開幕に向けて… »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/42010074

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟記念のレース回顧:

« レパードSのレース回顧 | トップページ | 秋競馬開幕に向けて… »